1. ホーム
  2. 学生生活トップ
  3. 保健室
学生生活

保健室

保健室では、みなさんが心身ともに健康な学生生活が送れるようにサポートします。次のような業務を行っていますので有効に活用してください

健康診断

心身の健康に関することは、どんなことでも相談に応じます。もちろん秘密は厳守しますので気軽に保健室を訪ねてください。また、セクシュアル・ハラスメントの相談受付窓口となっております。

  • 窓口 :月〜土 9:00~17:00
  • 担当者:看護師 庄子・佐藤
  • 校医 :松江
  • 連絡先:022ー717ー3372(TEL・FAX)

応急処置

体調不良時は、一時的にベッドで休養することができます。また、軽度の擦過傷程度の応急処置を行います。保健室で治療できない病気やけがなどの場合は、学内の予防福祉クリニックまたは適切な医療機関を紹介します。なお、保健室で薬はお渡ししていませんので、薬の必要な方はご自身で準備・携帯してください。

定期健康診断

学校保健法に基づき、全学年に対し毎年行う健康診断です。ユニバーサルパスポートでご案内しています。必ずご覧ください。。健康診断は、自分の健康管理のため、あるいは実習で必要になります。また、必要な学生には診断後の生活アドバイスを行っています。定期健康診断結果が実習、就職等に必要な「健康診断証明書」を作成する際のデータとなります。必ず受診してください。

健康診断証明書

就職や実習などに必要な健康診断証明書は、証明書自動発行機にて申し込みます。ただし、健康診断を受けていない場合や、異常があった場合に再検査を受けていない時は発行できません。※申し込みは、証明書発行のページを参照してください。

なお、求人先などから保健所・公立病院を指定されたもの、様式の決まっている診断書等を求められることがあります。その場合は直接保健室に相談してください。

治療中に転居した学生

転居のため、これまでかかっていた病院に通院できなくなる学生は、紹介状を書いてもらうようにしてください。これまでの病態や治療薬など書いてもらうことで、新しい病院で受診する際に役立ちます。転居をきっかけに、自己判断で治療をやめてしまうことのないようにしましょう。

本ページに関するお問い合わせ先

東北福祉大学 学生生活支援センター 保健室
電話:022-717-3372

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.