1. ホーム
  2. 就職・キャリアトップ
  3. リエゾン型キャリア教育
ニュース

リエゾン型キャリア教育

本学のキャリア教育では、自らかかわる(主体性)、自ら考える・気づく(課題発見能力など)、自らアクションを起こす(実行力)ことを目標にしています。そこで本学ではリエゾン型キャリア教育システムというものを開発しました。キーワードは「リエゾン(繋がる)」です。このシステムは、1年生から4年生まで、図のように縦にステップアップしながら連続性をもって進んでいきます。これが縦のリエゾンです。一方で、講義以外でのいろいろな実践的科目、例えばインターンシップや福祉ボランティア活動、キャリア支援講座などがあります。これが横のリエゾンで、演習・講義型の縦のリエゾンと連携しています。そして最後にそれらを企業などの外部の組織とも繋がりをもたせ、ひとつの大きな繋がり(総合的リエゾン)をつくります。その大きなリエゾンの中で皆さんのキャリアアップを進めていくのが東北福祉大学のリエゾン型キャリア教育です。

この一連のリエゾン型キャリア教育に参加している皆さんに配るのが「キャリアリエゾンノート・リエゾンファイル」です。皆さんはこのキャリアリエゾンノート・リエゾンファイルを使って自己点検・評価をすることでレベルアップを図ります。

career_pro_img

キャリアデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ

☆将来のキャリアを形成する継続型講義

キャリアデザインⅠは過去・現在の自分を振り返り現在の大学生活を見直すことで、将来のキャリアデザインを描くワークショップ型の授業です。キャリアデザインⅡは広く産業社会を知ると同時に、そこで生きて働く自分の将来を見据え、様々な職業、職種を調べる座学+ワークディスカッション形式です。キャリアデザインⅢは就職支援講座と連携し、より深い業界企業研究を行います。

リエゾンゼミⅠ

☆1年次に基礎をつくる。
将来のキャリアにつながる基礎ゼミクラス

大学生活を充実させるためには、早いうちからはっきりした目標をもつことが重要です。東北福祉大学では1年次に「リエゾンゼミⅠ」を置き、将来のキャリアにつながる学習を行います。リエゾンとは"つながり"のことです。社会で最も必要とされるコミュニケーション能力や、問題発見・解決能力を養う演習を通して、社会の一員として広い視野をもち、役割を果たす上で必要な基礎をつくることを目指します。

本ページに関するお問い合わせ先

東北福祉大学 キャリアセンター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-717-3316 FAX:022-717-3336 E-Mail:syusyoku@tfu-mail.tfu.ac.jp

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.