1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 健康科学部
  4. リハビリテーション学科

学部・大学院

リハビリテーション学科

学科長からのメッセージ

総ての人の「生活機能」を支えるリハビリテーションとは


学科長 鈴木 堅二

近年、リハビリテーションは「全人間的復権」を目指す分野として社会的理解が定着してきました。 わが国においては少子高齢化、慢性疾患・メタボリックシンドロームの増加など疾病構造において変化が生じ、従来の後遺症としての障害に対応するリハビリテーションだけではなく、「疾病・障害の予防」や「介護予防」まで総ての人の「生活機能」を支えるリハビリテーションとして社会的ニーズが高まっています。

「生活機能」には、生命維持や機能的健康に関わる身体機能、認知やコミュニケーションに関わる知的機能、不安や満足などの心理機能と人間としての義務や役割を遂行する社会機能が含まれ、リハビリテーションはこれらを支える分野になります。
大学の教育課程において、これらの生活機能に関わる基礎科目から臨床科目まで講義や実習のなかで知識や技術を学び修得します。当学科の教育目標である創造性、主体性、人間性、専門性、協調性、社会性を培い、広い視野に立ってヘルスケアが実践できる作業療法士・理学療法士の育成を目指しています。

今後もリハビリテーションは、保健・医療・福祉における生活機能とQOL(生活の質)の向上を目指す「健康科学」としての発展が期待されています。当学科ではこれらに対応すべく、より専門性の高い実践的なカリキュラムを採用し、新たな取り組みが行われています。

本学には、附属病院として「せんだんホスピタル」が開設され、また介護老人保健施設、介護老人福祉施設や認知症介護研究・研修仙台センターなどのグループ施設もあり、豊富な実践の場が用意されています。

専攻紹介

作業療法学専攻

作業療法は身体障害や精神障害などの改善や生活の自立の支援ばかりでなく、その人らしい個々の生活(生き方)を再構築する支援を行います。作業療法では、解剖学や生理学、心理学などの人間を理解するための科目や病気の理解のための臨床医学などの基礎知識に加え、社会で生活するための技術や福祉機器の活用、環境の調整など幅広い知識を学びます。グループ施設として、子どもからお年寄りの施設があり、学内授業で学んだことを直接経験できる環境が整っています。

作業療法士は、人の生活を支える仕事であり、生活を創造する力や創意工夫、向上心を持ち続けることが求められます。

理学療法学専攻

病気やケガのため生じた身体や生活の不自由に対し、運動機能の回復を図るとともに、生活・社会環境面へのアプローチなど医療分野だけでなく、健康増進、介護予防、スポーツ領域へと理学療法士の活躍の場は広がっています。

カリキュラムにあるように基礎から実践そして統合へと年次が進むなか、学内・外での教育実践を通し、専門職としての知識・技術の習得とともに行動力、問題解決能力、豊かな人間性。そして、効果的な理学療法の実践ができる、創造性豊かな専門職の育成を考えています。

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.