1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 総合福祉学研究科
学部・大学院

総合福祉学研究科

大学院研究科長挨拶

発見・実践・理論のダイナミズムが福祉を創造する[大学院研究科長 渡辺 信英]

本学の大学院は、社会福祉学専攻福祉心理学専攻とで構成されていますが、両専攻の公分母は福祉です。福祉は人間のプロローグからエピローグまでを、その研究対象としています。学ぶ者は人間に対する深い洞察力を問われ、誕生、生の過程、終焉という人間の実存に祝福、感動、尊厳をもって、真摯に向き合い、心身の脆弱、衰えや生物学的存在として不可避に経験する老いを肯定し、その側に立つことが必要です。

福祉学はそのような人間観を持ちながら、「人間と環境、時間、空間の相互作用」を多角度から研究するのです。また福祉学は実践科学と言えます。大学の校地には研究所、高齢者やこどもの施設などの臨床の場が点在しています。実践の現場では、不測の事態に出逢い、理論の応用では対処できない場合もあります。その新たな発見、実践、理論のダイナミズムが創造性を生成するのです。

本大学院は、研究の過程で科学的思考能力、実践的研究能力を身につけ、ジェネラルな視点を持つスペシフィックな研究者・高度専門職業人の養成を目指します。

大学院の教育研究上の目的

大学院総合福祉学研究科

東北福祉大学大学院は、建学の精神に則り、社会福祉に関する精深な学術の理論と応用を研究教授し、その深奧を究めて、文化の発展と人類の福祉に寄与しうる人材を養成することを目的としています。

大学院総合福祉学研究科博士課程

専攻分野について研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力およびその基礎となる学識を養うことを目的としています。

大学院総合福祉学研究科修士課程

本学の学部における一般的ならびに専門的教養の上に、さらに広い視野に立って精深な学識を授け、社会福祉学専攻においては、高度な専門知識を有する人材の養成を目的としています。また、福祉心理学専攻においては、高度な専門知識を有する人材の養成と、研究者の養成、臨床心理士の養成を目的としています。

専攻

長期履修

本学は、長期履修学生制度により、働きながら学びたい方、家事、育児、介護しながら学びたい方、地域に貢献しながら学びたい方を支援しています。

詳細

履修系統図

履修系統図とは、身につける知識・能力と授業科目の対応関係、科目区分間、授業科目間の関係性や履修順序(配当年次)等を示した図です。この図を用いることで、授業科目を体系的に履修することができます。

専攻のホームページに掲載されています。

科目ナンバリング(大学院)

授業科目の番号と分類により、学修の段階や順序等がわかるようになっています。なお、難易度レベルは必ずしも履修学年と同じではありませんので、ご注意下さい。

1列目 7列目 科目区分 難易度レベル
M 1 大学院(修士) 専門科目 基礎レベル
M 2 大学院(修士) 専門科目 発展レベル、統合レベル(研究指導)
D 1 大学院(博士) 専門科目 基礎レベル(研究指導を含む)
D 2 大学院(博士) 専門科目 発展レベル(研究指導)
D 3 大学院(博士) 専門科目 統合レベル(研究指導)

本ページに関するお問い合わせ先

〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6丁目149番1号
東北福祉大学 ウェルコム21内 大学院事務室
TEL:022-727-2288 FAX:022-728-6420
E-Mail:graduate@tfu-mail.tfu.ac.jp

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.