大学院教育学研究科の教育方針

人材育成方針

「教育」を研究できる実践的教育者の養成を。

教育学研究科 研究科長 朝倉 充彦
教育学研究科 研究科長 朝倉 充彦
社会情勢の変化に伴い、いじめ・不登校・教育格差など子どもをめぐって、さらには教師や学校をめぐる問題は山積しており、それらの解決は喫緊の教育課題です。こうした課題に対して熱い教育的情熱だけでなく、教育についての科学的合理的な思考を身につけた教員の育成が求められています。

教育学研究科は、子どもや教育についての課題を研究し、その研究の成果を教育現場で発揮できる実践的指導力に結実させた人材を育成することを目指しています。そのために、まず教育課題に向き合い分析し、先行研究の成果を踏まえながら自らのオリジナルな解を導き出すたゆまぬ努力が必要になります。したがって、本研究科での学びと探究は、子どもや教育についての専門的知見を深め、教育学研究者であり教育者である自己を研鑽修養して向上発展する力を身につけ、これからの教育に貢献できる人材となることを期待しています。

大学院教育学研究科紹介ページ

教育研究上の目的

本専攻は、本学の建学の精神と教育現場の要請に応じ、通常学級におけるさまざまな困難を示す児童生徒や特別支援学級の児童生徒の指導、支援において、課題の解決に向けて多角的・科学的にアプローチし、実践的指導力とコーディネート力を持つ教育現場の中核となる教員として、また、専門性の高い理論と豊かな実践力を身に付けた教育研究者として、これからの教育に貢献できる人材の育成を目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

教育への使命感と熱意を持ち、特別な教育的ニーズを有する児童生徒にかかわる諸問題について関心が高く、自らの知識・技能を高め、高い専門性と実践力を身に付け、それら諸問題を多面的に研究したいという学生の入学を希望します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「共生社会」の構築に貢献するという本研究科の理念のもと、教育に関する高度な専門的知識・技能とそれらを支える理論的基礎を学修します。さらに、特別な教育的ニーズを有する児童生徒にかかわる諸問題を自ら発見する視点を学修し、その具体的かつ実践的な解決策を探究してきた過程を修士論文としてまとめます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位の授与に関する方針)

特別な教育的ニーズを有する児童生徒への教育に関する高度な資質・能力とそれらを支える理論的基礎に基づき、「共生社会」の構築に向けて現代社会が抱える問題を発見し、教育に関する諸問題の解決を具体的に推進しうる研究者、高度職業人として認められたものに「修士(教育学)」を授与します。

 

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu.ac.jp