Tohoku Fukushi University

ごあいさつ

同窓会会長あいさつ

会長 鈴木智彦

この度、東北福祉大学同窓会会長に就任しました鈴木智彦(昭和52年度産業福祉学科卒)です。

先の東日本大震災では、東北福祉大学の学生のみならず、同窓生にも犠牲が出ました。あらためてお悔やみとお見舞いを申し上げます。こうした困難と悲しみに直面しながら、またあれから月日が流れる中で今なお、学生と同窓生が専門的な知識を駆使し、復興、そして震災を風化させまいとして、ボランティア活動等で活躍なさっておりますことに、心より敬意を表します。

さて、東北福祉大学同窓生は現在5万2000人を超え、日本全国で、また世界で活動を展開しております。大学名に冠した福祉の分野は勿論のこと、自治体・企業はじめあらゆる分野に進出し、それぞれの世界で活躍しております。

同窓生の増加とともに、年々同窓会活動も活発になり、北海道の6支部を始め東北・関東・甲信越・関西・北陸・九州・沖縄の各支部で活動しております。2017年10月には、2万人の同窓生がいる宮城県で、同窓会が再発足いたしました。今後も、より多くの卒業生が各支部に加わり、卒業生同士が年齢にかかわらず連絡を密にし、現在携わる仕事などに役立てていただくことも期待しております。

なお、前記の大震災のため、母校では家屋の全壊、半壊等の学生に授業料の減免処置をとっておりますが、なにぶんにも国からの補助だけでは不足している状況です。つきましては同窓生のみなさまに、母校の学生のために授業料の一部や学習環境整備のための支援金のご寄附をお願いしたく存じます。

また2020年には、宮城県曹洞宗専門支学校として1875年に創設された東北福祉大学が、学校創立145周年の節目を迎えます。記念事業等を行う際は、みなさまにお力添えをいただくこととなりますが、その先にある150周年へもつなげていく所存でございます。どうぞご協力くださるようお願い申し上げます。

併せて現役学生の就職のご援助・ご指導も、何卒ご支援くださるようお願い申し上げ、同窓会長としての挨拶とさせていただきます。

2018年6月1日

寄附に関しては東北福祉大学の「寄附の受け入れ」のページをご覧ください。
氏名・住所変更 各種証明書発行