医療経営管理学科の学生の声

学生の声

丸山 小百合  仙台二華高校出身

中学生の頃から医療について興味を抱いており、将来は医療関係の職業に就きたいと考えていました。現代では医療の情報化も進み、医療を安全に管理し、経営していくことも重要になってきています。私がこの学科を選んだ理由は、医療と経営の両方の分野について学ぶことが出来るため、将来医療職に就くための多くの知識を得ることが出来ると思ったからです。現在は、メディカルクラークや診療情報管理士の資格を取るために臨床医学総論や人体構造機能論などを学んでいます。また副専攻として、国家資格である救急救命士の資格を取得するための勉強も行っています。今年度から救急救命士過程が設置され、様々な実習を通して判断力や実践力を身に着けることが可能となりました。AEDや心肺蘇生について学ぶのはもちろんのこと、病院や自衛隊などでの課外学習もあります。将来に向けて勉強すると同時に、ボランティアサークルに参加するなど充実した大学生活を送っています。 

宮下 佳奈   五所川原高校出身

私は、医療福祉の分野に興味があり、その中でも受付で患者と接することなど医療のサポートができるという点で医療事務職へ惹かれたため、医療経営管理学科への進学を決めました。これまで大学では、経営学、医学など多様な勉強してきました。また、授業では、実際に患者と接するときの言葉遣いや礼儀などの接遇の勉強や、積極性やコミュニケーション能力を高めるために人前での発表、グループワークなどを行いました。私は、医療事務職に就き、医師の事務的な負担の軽減や、受付業務、病院の経営状況の確認など様々な面から医療をサポートしたいと思っています。そのため、これからメディカルクラークや診療情報管理士の資格取得や、実践的な経験を積んでいきたいと思います。 

髙橋 悠  福島南高校出身

私は小さい頃から医療関係の仕事に就きたいと思っていました。そして高校性になり、将来は幅広い範囲でたくさんの資格に挑戦したいと考えるようになりました。そんな時、友達に誘われるまま本学のオープンキャンパスに参加し、医療経営管理学科を知りました。医療の資格をはじめ、簿記や情報系の資格を取ることができ、希望に沿っていると考えこの学科を選びました。私は現在、メディカルクラーク、診療情報管理士の資格を取得するために専門的な勉強をしています。また、座学の他にも社会人になるために必要なマナーや接遇を実践形式で学んでいます。今後は、医療機関に就き外国から来られた患者を想定し英語力をつけるためにもTOICEを受けたいと考えています。本学は、医療経営管理学科と限らずどこの学科でも充実した学生生活が送れると思うので共に学べる日を心待ちにしています。 

齋藤 紗妃  安達高校出身

私は幼少期から病院にお世話になることが多く、病院という存在が身近なものとなり、将来は自分自身が病院に勤めたと思いました。進学するにあたり、さまざまな病院職を調べていきました。そして医療の情報化が進むなかで、注目されている診療情報管理士という職業を知りました。この大学を選択した理由は、医療を福祉という観点からもみることができるのではないかと考えたからです。講義の内容としては、医学、情報学、経営学が主になっています。二年次から専門的な講義が多くなってきて、実際に病院に勤務している、外部の先生に教えていただく授業も多く受講しています。また、パソコンの基本動作はこれから、必須となってきます。その中で一年次から二年次にかけてMicrosoft Word、Excel、Power Point、Accessの操作の仕方を学ぶことができます。現在は沢山の友人や先輩との交流から刺激を受ける日々を送っています。メディカルクラーク、ドクターズクラーク、最終的には、診療情報管理士の資格を取得したいと考えております。多種多様な資格を取得できるのがこの学科の魅力の一つだと思います。さまざまな視点から考えられ、挑戦することができます。皆さんのことを東北福祉大学でおまちしています。 

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
医療経営管理学科の進路・就職
医療経営管理学科の学生の声
医療経営管理学科の科目紹介
医療経営管理学科の教員紹介
医療経営管理学科へのよくある質問
医療経営管理学科の学生の1週間
医療経営管理学科 ゼミ紹介
病院の事務職として働く