保健看護学科の学生の声

学生の声

将来は、 母性分野の看護師として 母子の成長を支えたい。

保健看護学科4 年
青森県/五所川原高校出身
長谷川 綾乃さん

実習の積み重ねの中で着実に成長。

高校卒業後の進路を考えていた時、大学で看護師になるための勉強をしたいと考えていました。その時私がめざしたのは、どこの病院に行っても通用する看護師。東北福祉大学の保健看護学科の場合、1年次から実習が設けられ、早い時期から現場に触れることができる点に大きな魅力を感じました。さらには同じ学部内にリハビリテーション学科があり、将来病院に勤務し他職種の方と連携して医療活動を行う際に、リハビリテーション学科の学生との交流が役立つのではないかと考えました。入学後は、看護師だけでなく保健師も視野に入れて勉強を続けてきました。1年次から4年次まですべての年次に実習があり、そうした積み重ねの中で着実に成長できたと感じています。

先生方と意見交換できるゼミ活動も魅力の一つ。

この学科のもう一つの魅力が、3年次から所属するゼミ活動です。ゼミの面白さは、先生方といろいろな意見交換をしながら研究を進めることができる点。私は、将来どんな分野に進んでも役に立つゼミに入ろうと考え、公衆衛生予防を専門とする佐藤先生のゼミに参加させていただきました。感染予防という観点から、消毒用アルコールの量と消毒効果の関係について調べるというテーマもありましたが、4年次には、臓器提供意思表示カードに対する学生の意識を、福祉大の学生を調査対象として調べてみようと考えています。

これまで、成人、小児、母性、老年、精神といった各領域の看護を実習も交えながら学んできました。特に印象的だったのは、母性看護の実習で出会った母子とその家族の姿です。かつて弟や妹が誕生した時の感動を思い出し、将来はこの分野に進んでみたいと考えるようになりました。

福祉大で学んだ 「福祉のこころ」をもった 看護師として。

保健看護学科4年
福島県/日本大学東北高校出身
増子 佳奈さん

保健と医療、福祉を融合させた看護を学ぶために。

看護師をしている母の姿を幼い頃から見ていたこともあり、いつしか、看護師になることが私の夢となりました。また、高校生になって福祉についても興味をもつようになったことから、保健と医療、そして福祉を融合させた考え方を身に付けたいと思い、東北福祉大学の保健看護学科に進学、現在は、看護師と保健師の資格取得に向け勉強しています。

保健看護学科では、1年次から大学の関連施設や外部の病院での実習があります。学内の演習で患者さまの日常生活に対するケアを学んだ後、そこで学んだことを実習先で早速実践することができるので、より学びを深めることができました。1年次から実習体験を多く積めるのは、この学科ならではの魅力ではないでしょうか。

地元の福島県で、心に寄り添った看護を。

3年次から取り組む看護技術を主な対象とするゼミ活動では、複数の患者さまを受けもち個別のケアを進める中、医師からの指示を受けたり、ほかの患者さまから呼ばれたり、そうした多重課題の中で起こる薬関係のエラーの原因と予防策について研究し、実際の医療現場の状況について理解を深めることができました。

卒業後は地元の福島県に戻り、看護師として働きたいと考えています。東日本大震災で多くの方が辛い体験をしました。現在も震災の影響で苦悩されている方も多くいます。同じ地で、同じ体験をしたからこそできる、心に寄り添った看護があるはず…。福祉大で学んだ「福祉のこころ」をもって看護できる、そんな看護師になりたいと思います。 

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
保健看護学科の進路・就職
保健看護学科の学生の声
保健看護学科の教員紹介
保健看護学科へのよくある質問
保健看護学科の学生の1週間
2018年度(平成30年度)4月入学生から、助産師の養成が始まります!