teacher.css teacher.css teacher.css

大学院教育学研究科

教育学研究科の教員紹介

主な研究指導教員の紹介

特別支援分野

大西孝志(教授) 専門:聴覚障害教育

聴覚に障害がある子どもがどのように言語を習得していくのかということ及びそれを指導する教師の専門性とは何かということを研究しています。

著書・論文:『ろう学校における主体的・対話的で深い学びの実践』(ジアース教育新・2021年)、『特別支援教育免許シリーズ 聞こえの困難への対応』(健帛・2021年)、『インクルーシブ教育システム時代の就学相談・転学相談』(ジアース教育新社・2021年)、「手話・言語・コミュニケーション10 ろう学校理容科・美容科の歴史(1)」(文理閣・2022年)

自分自身どのようにして言語を習得したのか?ということを考えるよいきっかけとなります。共に学びましょう。

庭野 賀津子【教授】 専門:言語聴覚障害学・発達心理学

教員業績

言語聴覚士・公認心理師。主な専門領域は、言語障害、聴覚障害及び発達障害におけるコミュニケーション発達とその支援です。実験心理学・脳科学の手法を用いて、ヒトのコミュニケーション発達を科学的に解き明かす研究に取り組んでいます。

著書・論文:『親乳児間における音声相互作用の発達的研究』(風間書房・2005)、『特別支援教育支援員ハンドブック』(日本文化科学社・2010)、「Activity changes in the left superior temporal sulcus reflect the effects of childcare training on young female students’ perceptions of infants’ negative facial expressions」(Neuroscience Research・2017)、「聴覚障害特別支援学校のセンター的機能に関する研究」(ろう教育科学・2021)など

大学院に進学を検討している方へ:特別支援教育における様々な課題に対応できる力を身につけるためには、知識・技能だけではなく「科学」の視点から障害を理解する総合的な学びが必要です。教育学研究科における演習や基礎的研究を通して、科学的根拠に基づく特別支援教育を実践できる確かな「力」を養いましょう。

黄 淵煕【教授】 専門:発達障害児教育

教員業績

発達障害のある児童・生徒の学習困難を中心とした基礎研究を進める同時に、教材及び指導方法の開発など実証的研究にも力を入れています。また、授業のユニバーサルデザインについて研究を行っています。

著書・論文:「Reading aloud improves executive function of children with autism spectrum disorder: a pilot randomized controlled trial」(International Journal on Disability and Human Development・2013)、「遠隔授業におけるADHDのある学生への合理的配慮」(東北福祉大学特別支援教育研究室紀要13号・2021)など

大学院に進学を検討している方へ:近年は、発達障害のある児童・生徒への合理的配慮を超えて通常学級全体での教育のユニバーサルデザイン的視点が要求されています。大学院での専門的学びを通して子ども全員が「楽しい・わかる」授業づくりにチャレンジしてみませんか。

杉浦 徹【准教授】 専門:障害児の教育方法

教員業績

障害のある子ども達のためのICTや教材教具を活用した学習やコミュニケーション支援に関する実践的な研究をしています。

著書・論文:『絵で見てわかる! 視覚支援のカード・教材100-自分で「できる! 」を楽しく増やす』(学研プラス・2021)、「教材を作ってわかる肢体不自由教育」(肢体不自由教育236号・2018)など

和 史朗【准教授】 専門:肢体不自由教育・重複障害教育

教員業績

肢体不自由児の運動・動作の解析や、その他の障害のある子どもたちの様々な学習の成立条件について、行動分析学の手法を用いて研究しています。

著書・論文:『重度障害者を対象とした野球指導の実践方法に関する研究-ゴロ野球の指導を通した投球動作の改善-』(アダプテッド体育・スポーツ学研究・2016)、『共生社会の実現-北海道の特別支援教育から-』(北海道通信社・2009)など

初等教育分野

石原 直【教授】 専門:算数科教育

教員業績

算数・数学科の教材分析、指導法及び教員養成のあり方などに関する研究を行っています。また、教科用図書『新しい算数』(東京書籍・2017) の監修を行っています。

著書・論文:「算数科の授業改善のための定義・定理の役割」(日本教授学習心理学会・2011)、『教育実習を核とした教職を目指す学生の資質向上に向けて』(私立大学の特色ある教職課程事例集Ⅱ・2015)など

上條 晴夫【教授】 専門:教育方法・教師教育

教員業績

国語科教育を主なフィールドにしながら教育方法・教師教育について研究をしています。研究テーマはワークショップ、協働学習、リフレクションなどです。

著書・論文:『教師教育-いま、考えるべき教師の成長とは-』(さくら社・2015)、『理想の授業づくり』(ナカニシヤ出版・2017)など

白井 秀明【教授】 専門:教育心理学

教員業績

教授学習心理学が専門。“子どもの「つまずき」には100%の間違いはない” という学習観を土台に、子どもの“学ぶ” と教員の“教える” という2つの過程の交互作用をダイナミックにつくり出す授業方法について小学理科・算数の授業を中心に実践的に研究しています。

書著・論文:『現代と未来をつなぐ実践的見地からの心理学』(八千代出版・2008)など

三浦 和美【教授】 専門:社会科教育

教員業績

特色ある年間指導計画作成、デジタル教科書活用による授業実践研究、リフレクション研究等を通して、新しい時代にふさわしい社会科教育の在り方を研究しています。

著書・論文:学ぶ意欲を育む社会科授業の創造ー郷土を開く「品井沼の干拓」(第18回東書教育賞優秀賞受賞)、『AI時代の教師・授業・生きる力』(ミネルヴァ書房 第2章・2020)、『<新学習指導要領対応>小学校教員を目指す学生のための社会科授業づくり入門』(デザインエッグ社・2021)、手書きパッドによる授業リフレクション支援のツール開発(日本教育工学会・2012)など

大学院に進学を検討している方へ:「大学院で学んでよかった」大学院を修了し小学校の教育現場に就いた修了生の声です。2年間の学びは、教育実践の基盤や自信となり、子どもたちとの学びの深まりを促していきます。共に学んでみませんか。

山下 祐一郎【准教授】 専門:教育工学・教育情報学

教員業績

プレゼンテーションやプログラミングなどに代表される情報活用能力(情報モラルを含む)の育成が主な研究テーマです。また、ICT(情報通信技術)を使った先端的な教育環境にも興味があります。

著書・論文:「ビデオ映像とレスポンスアナライザを利用したプレゼンテーション能力の育成」(日本教育工学会論文誌・2010)、「小学生を対象としたフリック入力の学習方法の開発」(日本教育工学会論文誌・2018)など

大学院に進学を検討している方へ:自分の専門性を深めたい方にとって大学院は楽しいと思います。

中等教育分野

朝倉 充彦【教授】 専門:近代日本教育方法・道徳教育

教員業績
 
著書・論文:『三訂版 資料で考える子ども・学校・教育』(学術図書出版社・2022)、「いじめ問題を主題とする道徳教材についての考察」(東北福祉大学 教職研究・2018)、「大正新教育における初等教育の教育方法改革」(仙台白百合女子大学紀要第16号・2012)

下山 忍【教授】 専門:歴史教育

教員業績

これまで高等学校学習指導要領の作成等に関わってきました。中学校や高等学校の歴史学習のための教材開発や、思考力・判断力・表現力等の評価の在り方に関心があります。

著書・論文:『もういちど読む山川日本史史料』(山川出版社・2017)、『評価規準&記述例でよくわかる歴史学習「観点別評価」ワーク』(明治図書・2014)、『学力を伸ばす日本史授業デザイン』(明治図書・2011)、『50場面でわかる「中学歴史」面白エピソードワーク』(明治図書・2011)など

浅川 俊夫【准教授】 専門:地理教育

教員業績

地理教育が専門。自然地理学習を中心に、主に高等学校における地理教育の在り方や教材開発について研究しています。また、国際地理オリンピック日本委員会実行委員や日本地理学会地理教育専門委員を務めています。

著書・論文: 「Current Status and Issues in Senior High School Geography Education 」(『Geography Education in Japan』(Springer・2015) 収蔵) 、『中学高校地理授業 心を揺さぶる地理教材4』( 古今書院・2009) など

社会教育分野

星山 幸男【教授】 専門:教育社会学

教員業績

専門領域は教育社会学・社会教育学。主として「経済発展と教育の役割」「地域づくりと住民の学習」について調査研究を行っています。

著書・論文:『自然との共生とまちづくり~エコミュージアムの農山村から~』(北樹出版・2005)、『戦後70 年経済発展と教育政策の展開』(東北福祉大学生涯学習支援室年報第17 号・2016)など

この記事に関するお問い合わせ

教務部大学院事務室
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘6−149−1 ウェルコム21
TEL:022-727-2288
FAX:022-728-6420
E-Mail:graduate@tfu.ac.jp