Tohoku Fukushi University

研究活動

基本情報

氏名 山口 奈緒美
氏名(カナ) ヤマグチ ナオミ
氏名(英語) Yamaguchi Naomi

見出し

【研究内容】

概要

寛容の社会心理学的研究 寛容とは加害者に対して慈悲心をもって加罰しないことである。寛容は被害者自身の精神的健康を高め、加害者と被害者との人間関係を改善するので、紛争や葛藤の解決において重要な心理的条件である。しかし、被害者はたいてい相手を許すことを困難に感じる。筆者は、どうすれば寛容を高めることができるのか、その動機や認知的促進要因を同定して寛容性を駆動する基本的な心理メカニズムを明らかにしてきた。現在は、被害者を取り巻く第三者のふるまいや被害者に対する接し方が被害者の寛容を高めると仮定し、より現実に応用可能な研究を進めている。さらに、集団間葛藤に焦点を当て、寛容をより高めるための要因を検討している。