Tohoku Fukushi University

11年以前の主な研究業績等  【5点まで】

基本情報

氏名 山口 奈緒美
氏名(カナ) ヤマグチ ナオミ
氏名(英語) Yamaguchi Naomi

種類

学術論文

著書、学術論文等の名称

「Escalation of Conflict and Forgiveness: A social Psychological Model of Forgiveness」

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

2003/07

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

Tohoku Psychologica Folia, vol. 60

概要

寛容性が問題となる対人葛藤の生起プロセスをまとめ、その中で寛容性を生み出す動機を理論的に分類した。その結果、内発的動機が4動機、外発的動機が3動機あることが示された。また、アメリカ人との国際比較研究を通して、日本人はアメリカ人よりも謝罪をよく受け入れ、寛容的になることが示された。

ページ数等

pp.61-71

【共・共著の場合のみ】共・共著者名

Ken-ichi OHBUCHI , Naomi TAKADA