Tohoku Fukushi University

11年以前の主な研究業績等  【5点まで】

基本情報

氏名 山口 奈緒美
氏名(カナ) ヤマグチ ナオミ
氏名(英語) Yamaguchi Naomi

種類

著書

著書、学術論文等の名称

『Social Justice in Japan: Concepts, Theories, and Paradigm』

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

2007/09

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

Trans Pacific Press: Melbourne, Austraria

概要

In many conflicts, resolution is attempted according to either the principle of retribution or the principle of forgiveness. If, on the one hand, the principle of retribution is chosen, tit-for-tat aggression may escalate between both parties concerned and the conflict may grow fierce, while the principle of forgiveness, conversely, can be conducive to a constructive resolution to the conflict. The adoption of the principle of forgiveness is extremely advantageous, but it is not necessarily an easy thing for victims to carry out. This is because they would have to forgo the advantages brought about by retribution – in other words, the execution of justice. We wonder, however, if people who choose forgiveness have no alternative but to accept injustice. In this chapter, we compare the results of Western and Japanese research, focusing upon whether two values of forgiveness and fairness (kōsei) which people experience when they are harmed by others are mutually exclusive, and whether the relinquishment of justice (seigi) is mandatory in the pursuit of forgiveness.
(紛争解決において寛容原理の採択は非常に有益であるが、それは被害者にとっては必ずしも容易なことではない。なぜなら、報復がもたらす利益、すなわち正義の履行を断念せざるを得ないからである。寛容を選択した人々は不公正を受容するしかないのだろうか。この章では、他者から被害を受けた時に人々が経験する2つの価値―寛容と公正―について、両者が相互排他的なものなのかどうか、寛容性の遂行には正義の放棄が必須かどうかに焦点を当て、欧米の研究と日本の研究結果を比較しながら考察した。)(紛争解決において寛容原理の採択は非常に有益であるが、それは被害者にとっては必ずしも容易なことではない。なぜなら、報復がもたらす利益、すなわち正義の履行を断念せざるを得ないからである。寛容を選択した人々は不公正を受容するしかないのだろうか。この章では、他者から被害を受けた時に人々が経験する2つの価値―寛容と公正―について、両者が相互排他的なものなのかどうか、寛容性の遂行には正義の放棄が必須かどうかに焦点を当て、欧米の研究と日本の研究結果を比較しながら考察した。)

ページ数等

Chapter 6 "Forgiveness and Justice: Victim Psychology in Conflict Resolution" 総p. 336 pp. 107-126

【共・共著の場合のみ】共・共著者名

Naomi TAKADA & Ken-ichi OHBUCHI