Tohoku Fukushi University

10年以内の主な研究業績等  【10点まで】

基本情報

氏名 朝倉 充彦
氏名(カナ) アサクラ ミツヒコ
氏名(英語) Asakura Mitsuhiko

種類

学術論文

著書、学術論文等の名称

「大正新教育における『分団教授法』にみる学級観」

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2008/01

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

『仙台白百合女子大学紀要第12号』

概要

日本の小学校の学級が抱える課題、例えば学級内の学力格差問題や学級崩壊現象の学級秩序問題が、明治期において学級が成立した当初から潜在的につながっていることを教育方法学の観点から明らかにした。特に、澤正の学級観、及川平治の「分団式教育法」にみる学級観、さらには奈良女子高等師範学校付属小学校の「分団教授」など、大正新教育の代表的教育方法を事例としながら考察した。

ページ数等

pp.1-16

【共・共著の場合のみ】共・共著者名