Tohoku Fukushi University

10年以内の主な研究業績等  【10点まで】

基本情報

氏名 小野木 弘志
氏名(カナ) オノギ ヒロシ
氏名(英語) Onogi Hiroshi

種類

学術論文

著書、学術論文等の名称

「Decreased CaMK2 and PKC activities in specific brain regions are associated with cognitive impairment in neonatal ventral hippocampus-lesioned rats」

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

2013/03

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

Neuroscience  vol.234

概要

We find that impaired cognition observed in neonatal ventral hippocampus (NVH)-lesioned rats,  a neurodevelopmental impairment model of schizophrenia, is associated with decreased CaMKII and PKCα activities in memory-related brain regions.(統合失調症病態モデルとしてよく使用される新生仔期腹側海馬損傷ラットは学習障害や情報処理障害を示した。後に、脳内NMDA受容体下流にあるcalcium/calmodulin-dependent protein kinase 2(CaMK2)等を測定した結果、前頭前皮質において著明なCaMK2の低下が観察された。)

ページ数等

pp.103-115

【共・共著の場合のみ】共・共著者名

Yasushi Yabuki, Osamu Nakagawasai, Shigeki Moriguchi, Norifumi Shioda, Hiroshi Onogi, et al.