2017/07/19 地域共創推進室

リエゾンゼミⅠ朴木山自然体験学習、前期終了

5月よりスタートした泉・朴木山キャンパスでの1年生を対象としたリエゾンゼミⅠ「自然体験学習」は、7月19日の第8回目をもって、無事前期の活動を終了しました。
後期は9月よりスタートします。

このところの猛暑も一息ついた感のあったこの日、5月から始まった朴木山自然体験学習は第8回目を迎えました。前日、局地的豪雨が一瞬通り過ぎた朴木山ですが、ウッドチップを敷設したノルディックコースは雨の影響もなく、これまでと比べると比較的過ごしやすい中でのウォーキングに汗を流しました。

今回は教育学科の2クラス、46名が参加しました。予防福祉健康増進推進室のメディカルフィットネス指導員、星さんによるノルディックウォーキングについての解説やポールの選び方、歩き方講習を受け、全4グループに分かれて約1時間みっちり歩いてきました。
周回コースの中間地点、朴木山では一番高いところにある展望広場「森の舞台」は142mの標高があります。眼下には住吉台の住宅地、遠くには中山方面、仙台大観音が見えます。疲れたからだを休めるにはちょうど良い休憩スポットです。ここに着く頃にはクラスの仲間とも一層仲良しになっています。
参加者の空腹を満たしてくれているのが、カマドを使って薪で炊くご飯です。1クラス4㎏の割合で8㎏を炊き上げました。カレーのルーは2㎏使用しています。その他の味付けは企業秘密です。食事担当のみなさん、ごちそうさまでした。
前期は8回の実施で15クラスが参加しました。後期は9月後半から再開します。昼食に芋煮会を計画しているクラスもあります。今から楽しみです。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 地域共創推進室
住所:〒981-8523 宮城県仙台市青葉区国見1−19−1 ステーションキャンパス館
TEL:022-380-1068
E-Mail:kyosei@tfu-mail.tfu.ac.jp