2017/08/31 国際交流センター

学生18人が3週間参加 第6回シドニー英語夏季研修が終了しました

8月5日〜27日の間に行われた第6回シドニー英語夏季研修が無事に終了しました。昨年度までのシドニー大学付属の英語学校から、同じシドニー市内にあるニューサウスウェールズ大学(UNSW)付属の英語学校(UNSW Global)へと研修先が変わった本年度、18名の参加学生は英語学習のみならず、多民族・多文化が織りなすオーストラリアの環境に触れ、多くのことを学びました。

学生たちは3週間の間ホームステイをしながら、朝9時から午後1時半までは英語学校での英語の勉強、その後は自らの専攻に関連した学びのために、様々な施設(大学付属の保育園・大学の図書館・ボランティア団体が運営するスーパー等)への訪問・見学を行いました。これらの施設では、オーストラリアらしい気さくな雰囲気で接してくれるスタッフの方達のおかげで様々な気づきや学びを得ることができました。

また、語学学習と並行して様々な文化交流も実施されました。本学学生たちは、UNSWの日本語授業にゲストとして訪れ、オーストラリアで日本語を学ぶ学生たちと、お互いの外国語学習にまつわる経験を共有し、またノースシドニー女子高校を訪問した際には、日本語を学ぶ高校生たちとお互いの文化に関する質疑応答で盛り上がるなど、同世代の若者たちとの交流を楽しみつつ、日本人として自らの文化を理解しておくことの大切さや、異なる文化を尊重する姿勢についても学びました。

週末や空き時間には、本学教員引率のもと、マンリービーチでのサーフィン体験、動物園においてコアラなどオーストラリア固有の動物たちとの触れ合い、ブルーマウンテン国立公園へのハイキングなど、オーストラリアの豊かで雄大な自然を満喫しつつ、南半球最大の都市であるシドニーでのショッピングや、日本ではなかなか口にする機会のない食べ物(カンガルー肉やワニ肉なども)も満喫しました。南半球にあり、季節は日本と真逆の冬とはいえ、滞在期間中最高気温は26度と、気候的にも過ごしやすいシドニーに学生たちはすっかり魅了された様子でした。

 

英語学校最終日、英語でのプレゼンテーションを終えた本学学生たちには、英語学校より修了証が手渡されました。3週間という限られた時間の中、慣れない環境と言葉の壁を乗り越えて、自ら考え積極的に様々な活動に取り組んだ学生たちは、充実した表情で研修の最後を迎えました。

本学学生であれば、学部学科を問わず参加できるシドニー研修は、英語学習・異文化コミュニケーションに興味を持つ学生にとっては最適なプログラムです。来年のプログラムにも多くの参加者をお待ちしています!


この記事に関するお問い合わせ

国際交流センター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-301-1296
FAX:022-233-1246
E-Mail:kokusai@tfu-mail.tfu.ac.jp
Tohoku Fukushi University Center for International Exchange
住所:1-8-1 Kunimi Aoba-ku Sendai-shi Miyagi, Japan 981-0952
TEL:+81 22 301 1296
FAX:+81 22 301 1246
E-Mail:kokusai@tfu-mail.tfu.ac.jp