学習支援研究室「ひかり野塾」

支援内容

個別的な学習支援

軽度発達障害児の学習支援は「易しくする」「繰り返す」などの従来の支援方法だけでは充分効果を上げるのが難しい場合があります。当室では、心理検査などのアセスメント結果やお子さん、保護者の方の希望を考慮し、お子さんにとって最も適切であると考えられる支援方法と内容を工夫し、1対1で個別指導を行ないます。

個別学習支援の詳細情報

ソーシャルスキル・トレーニング

まわりの人とのかかわり方や生活のルールを学びながら、実生活に役立てる練習をする、それがソーシャルスキル・トレーニングです。小さなグループを作り、人の話を注意深く聞いたり、相手の気持ちを感じ取って接したり、仲間と楽しく過ごせる会話をするなど、いろいろなソーシャルスキルをロールプレイやゲームを通して学びます。実生活のいろいろな場面でそれらのスキルをタイミングよく引き出して使えるよう、自宅でできる課題も提案します。

ソーシャルスキル・トレーニングの詳細情報

手とからだの動きの教室(作業療法教室)

「手先が不器用」「運動が苦手」「感覚過敏がある」など手やからだを使う活動に、苦手さを持っている発達障害児のお子さんを対象に、作業療法的支援を行います。

手とからだの動きの教室(作業療法教室)の詳細情報

パソコン教室

日常生活で使う道具の一つとなりつつあるパソコンを使って、学習やコミュニケーションに役立つスキルを身につけます。一人ひとりが持っている力を引き出すために、お子さんの特性に合わせたプログラムによる少人数指導を行います。まずパソコンの基本的なスキルを学習し、パソコンに慣れてきたら、電子メールを使って人とコミュニケーションするためのルールやマナーなども学びます。

パソコン教室の詳細情報

ペアレント・トレーニング

ペアレント・トレーニングとは、気が散りやすい、じっとしているのが苦手、深く考えずに行動してしまう、などの特徴を持つ子どもたちとの上手な関わり方を学ぶ「親のための」プログラムです。子どもへの効果的な親の接し方、「上手なほめ方」を中心に学ぶことが目的です。親が子どもを上手にほめることによって、子どものよい行動を増やし、よりよい親子関係を目指します。また、参加メンバーがいろいろなことを話し合える機会になります。

ペアレント・トレーニングの詳細情報

相談・支援の流れ

相談・支援の流れ図

支援対象者

学習障害(LD)、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)、高機能自閉症などの障害がある、あるいはそれらの障害が疑われる小・中・高校生で、事前に当室で相談・アセスメントをおこない指導計画を作成された児童生徒。

利用方法

事前に、特別支援教育研究室の相談をお受けください。相談のなかで『ひかり野塾』を利用されるかどうか伺います。
※申し込みの状況によっては、相談から支援まで日数がかかる場合があります。

支援の日時・曜日

学習支援

月〜金曜日:
15時00分〜19時00分

ソーシャルスキル・ トレーニング

火〜金曜日:
15時30分〜19時00分

手とからだの動きの教室 (作業療法教室)

月曜日:
16時30分〜17時30分

パソコン教室

金曜日:
18時00分〜19時00分

ペアレント・トレーニング

日時はグループのメンバーを決定後、メンバーと相談して決めます

支援スタッフ

主として東北福祉大学の教員(特別支援教育、臨床心理学、コミュニケーション障害学、児童福祉などの専門領域)及び「ひかり野塾」の指導員が担当します。また、大学院生や学生も支援に加わります。

この記事に関するお問い合わせ

教育・教職センター 特別支援教育研究室
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘6−149−1 喜心寮1階
TEL:022-303-1136
FAX:022-303-1137
E-Mail:sserc@tfu-mail.tfu.ac.jp
学習支援研究室「ひかり野塾」 子育て支援相談室のご案内
特別支援教育研究室 相談のご案内
東北福祉大学 特別支援教育研究室:事業内容
学習支援研究室「ひかり野塾」の個別学習支援について
学習支援研究室「ひかり野塾」 手とからだの動きの教室(作業療法教室)
学習支援研究室「ひかり野塾」 ペアレント・トレーニング
学習支援研究室「ひかり野塾」 パソコン教室
学習支援研究室「ひかり野塾」 ソーシャルスキル・トレーニング
学習支援研究室「ひかり野塾」
特別支援教育研究室 お問い合わせ
特別支援教育研究室へのアクセス
特別支援教育研究室の事業内容
特別支援教育研究室からのワンポイントアドバイス
特別支援教育研究室の利用料金
特別支援教育研究室 発達支援・学習支援プログラム
特別支援教育研究室 利用者の声