トップページへ ご案内 現代GP 取組概要 みんなの声 リンク
地域減災センターへ問い合わせ

  

   1.減災センターとは

センター長挨拶
        自分の命は自分で、
      地域の安全は地域で
地域減災センター長 小松 洋吉
 いつ起こるかわからない、どこを襲うかもわからない。それが大地震の怖さです。マグニチュード7.5クラスの宮城県沖地震の発生確率は世界一であり、「Xデー」は近いといわれております。
 自然現象を我々の力で止めることはできません。しかし、日頃から十分に備えることによって被害を軽減することはできます。地域減災センターでは、地域社会と協働して、「地域減災プランナー」の育成を図っています。
 さらに、減災に関する情報提供、相談支援、講座・研修会、フォーラム等の開催、出前講座、テキスト・ビデオ等の作成、調査・研究等を行っています。
 「減災カフェ(サロン)」を国見キャンパスに常設しております。減災に関する情報提供、図書、家具転倒防止、非常持ち出し品、震災パネルなどを行っています。
 どうぞお気軽にご利用ください。皆さんの備えに少しでも役立てば幸いです。

  
  
一 地域減災に関する情報提供

   二 講座・研修会、フォーラム、座談会の開催

   三 学生による減災出前講座のコーディネート
     (災害時非常食づくり・災害時要援護者体験など)


   四 相談支援

   五 地域社会との連携・協働の推進

   六 地域減災に関する調査・研究・開発

   


 
東北福祉大学 地域減災センター

〒981-8522 仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-301-1314
FAX:022-301-0606
E-mail: gensai@tfu-mail.tfu.ac.jp

開設時間
月〜金  9:00〜19:00


土・日・祝日 休業


戻る