第一回 震災対策技術展/自然災害対策技術展・宮城
地域減災力の向上と地域福祉の推進
平成18年10月5日(木)
夢メッセMIYAGI
参加者:134名
   
本シンポジウムは「災害時要援護者支援」をテーマとし、減災活動に取り組んでいる地区社会福祉協議会やNPO
当事者の皆さまより実践報告や問題提起をいただき、地域における相互支援体制や当事者自身の自助力・共助力向上
のために求められることについて会場一体となって考えました。

 
  
■ シンポジスト
 
及川 久雄氏(仙台市視覚障害者福祉協会 会長)
阿部 利美氏(八木山南地区社会福祉協議会(仙台市太白区) 会長)
髙橋みさを氏(東北六県奥さま防災博士協議会 会長)
西村 美香氏(東北福祉大学学生)
 
■ コーディネーター
阿部 清人氏(せんだい泉エフエム放送 取締役事業部長)

■ 司会
齋藤 智子(東北福祉大学学生)
    

(受付終了しております)

PDFファイルの表示には「Adobe Reader」のプラグインが必要となります。
     インストールされていない場合、Adobe社のサイトよりダウンロードし、インストールしてください。
   
夢メッセMIYAGI会場前
多くの方が来場者され熱心に聞いておられました。
また、会場の都合上立見や机がなかった方
大変ご不便お掛けしまして申し訳ございませんでした。
視覚障害者の避難所の問題や地域での取組、
新潟県中越地震の被災体験など
災害時要援護者の支援について話合いました。
当日は手話通訳をしていただきました。
仙台市手話奉仕員の
奥山さん、永井さんありがとうございました!
会場の運営をしていただきました
学生ボランティアの皆さんありがとうございました!
 
閉じる