トップページへ ご案内 現代GP 取組概要 みんなの声 リンク
地域減災センターへ問い合わせ

  

  

産学官民連携・協働事業

  
平成17年度 コニカミノルタ助成事業
「地震・津波に強いまちづくり実行委員会」


〜地域防災力の向上と地域福祉の推進〜
 地域住民を対象とし、地震・津波減災に関する学習(研修)活動を行い、地域減災の核となりうる人材を育成する。
 また、災害時要援護者(高齢者、障がい者、幼児・児童、外国人などのいわゆる災害弱者)の自助力向上手法の開発及び地域における減災体制の構築を図ること、さらに地域住民の減災に対する意識の高揚と減災行動を促進する事を目的とする。
地震・津波に強いまちづくり実行委員会    ※順不同
  
    委員長     伊藤 信太郎氏(衆議院議員・東北福祉大学特任教授)

             せんだい泉エフエム放送株式会社

             仙台市ボランティア連絡協議会

             宮城レスキューサポートバイクネットワーク

              地域住民※山の寺地区社会福祉協議会・ボランティア「たんぽぽ」
                    ※国見地区連合町内会長会・国見地域市民委員会

             仙台市健康福祉局

             仙台市消防局

             ㈱河北新報社)

             (特活)みやぎ災害救援ボランティアセンター

             コニカミノルタ

             (社福)仙台市社会福祉協議会

             (社団)塩釜青年会議所

             東北福祉大学

             東北福祉大学学生


関連事業
 ■ 防災マップ作成支援アドバイザー養成講座
    (平成17年9月29日(木)
 ■ 地域減災コーディネーター養成講座 Part3 〜家庭の防災力向上のために〜
    (平成17年10月15日(土))
 ■ 地域減災コーディネーター養成講座 Part4 〜地域の防災力向上のために〜
    (平成17年11月19日(土))
 ■ 地域減災フォーラム2006 『みんなで考える地震・津波に強いまちづくり』
    (平成18年1月14日(土)
 ■ 『減災Q&T(Question & Thinking) 「今からできる減災」』の発行
 ■ 『災害時要援護者支援マニュアル 「地震からわが身をまもる安心マニュアル』の発行(印刷中)


  
平成16年度 文部科学省委託生涯学習まちづくりモデル支援事業
「地震に強いまちづくり実行委員会」

〜地域防災力向上のための自主防災組織の育成〜
 「生涯学習まちづくりモデル支援事業」は大学等の高等教育機関と市町村などの行政とが組織的に連携した地域住民の学習成果や能力を活かしたまちづくりに関する取組みを、文部科学省が公募選定し、事業費を支援する事業です。
 この事業は、地域において住民による個性と魅力あるまちづくりを進めるためには、大学等高等教育機関の人的・知的・物的資源を活用することが重要であるという認識のもとに行われる事業です。
  
地震に強いまちづくり実行委員会    ※順不同

           委員長 伊藤 信太郎氏(衆議院議員)

                仙台市消防局
         
                特定非営利活動法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所

                株式会社 河北新報社

                特定非営利活動法人 宮城県ボランティア協会

                社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会 

                株式会社 福祉工房

                東北福祉大学

                東北福祉大学学生
 

 
関連事業
◇ 地域防災コーディネーター養成講座 Part1 『家庭の防災力(「自助力」)向上』のために
   (平成16年11月6日(土)、7日(日))
◇ 地域防災コーディネーター養成講座 Part2 『地域の防災力(共助力」)向上』のために
   (平成16年12月12日(日)
◇ 地域防災フォーラム 『地震から「命」を守るためには!』
   (平成17年1月15日(土)
◇ 『地域防災力向上ハンドブック 「家庭の防災力向上のために」』発行
 


戻る