1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介ののれん

芹沢銈介ののれん

開催期間

2003年9月18日(木)~12月18日(木)

 のれんは日本独特の生活用具として、商店や部屋の間仕切りに用いられてきました。 日常の暮らしを彩る風景として身近な存在ののれんには、単純・直截が求められます。芹沢銈介ののれんはその真髄を伝え、 さらに形式を破る自由な文様構成と遊び心に溢れています。多くの作品の中でも、のれんは芹沢がのびのびと自己を 発散できるジャンルであったようです。用と美が見事に結実した芹沢作品の魅力を堪能できる展覧会です。

出品リスト

●のれん60数点(静岡市立芹沢銈介美術館より5点借用)
●のれんの型紙 ●のれんの下絵 ●のれんの試作染 
計 約150点 

催しもの

講演会 10/25(土) 13:30~
演題 「父・銈介の生活と仕事」
講師 芹沢 長介氏(美術工芸館館長)
場所 工芸館5階展示ロビー ※椅子席のみ予約が必要となります
     9/18より予約を開始しますのでお電話にてお問い合わせください 

ギャラリー・トーク
10/4(土)・11/8(土)・12/6(土)各13:30~
当館学芸員担当・自由参加 (当日の入館券が必要)

休館日

9/25(創立記念日)
11/26~11/30(推薦入試期間)

本日開催の展覧会・イベント

ニュースレターvol.2