1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介の作品 -夏から秋へ-

芹沢銈介の作品 -夏から秋へ-

開催期間

2004年8月5日(木)~9月15日(水)

 芹沢銈介は、日々の暮らしに用いる品々を多数制作し、夏に欠かせ ない色とりどりの「うちわ」や「扇子」も多くの人々に愛用されました。

 これらの「うちわ」や「扇子」には、日常のなにげない風景、草花、野菜、 魚介、鳥などの文様が描き込まれています。
 芹沢作品が自由で楽しく、暖かいなつかしさに溢れているのは、季節感を 考えたモチーフの選び方にあるのでしょう。そしてそれらの独創的な文様は、 たゆみなく描き続けられた膨大な写生の中から生まれたものです。

 うちわ、扇子、風鈴、おもだか、芭蕉、柳、朝顔、波、貝、けいとう、菊、
落ち葉、もみじ、熟れた柿、栗、葡萄・・・。今回の小企画展は、夏から秋への
季節の移ろいをテーマに、作品80点を展示します。

出品リスト

● 着物  ● 帯地  ● のれん  ● 屏風   
● 額絵  ● うちわ  ● 扇子            計 80 点

併設展示

堤焼・切込焼

休館日

会期中無休

本日開催の展覧会・イベント

ニュースレターvol.2