1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介のゆかた

芹沢銈介のゆかた

開催期間

2006年8月5日(土)~9月15日(金)

 芹沢銈介は、四季を通じて暮らしを彩(いろど)るさまざまな分野のデザインをてがけました。 その中で、これまであまり紹介されることのなかった分野に「ゆかた」や「てぬぐい」のデザインがあります。日本独特の風習として、 旅館やホテルには客用の「ゆかた」が用意されていますが、芹沢銈介も大阪のホテルの「ゆかた」のデザインを頼まれ制作しています。

 今回の展示は「ゆかた」に仕立てられた作品、木綿のゆかた地、制作する前に和紙に試作した「ゆかた」や「てぬぐい」の試作染、 そして夏には欠かせない芹沢銈介デザインの「うちわ」や「扇子」をともに展示します。

出品リスト

● ゆかた  ● ゆかた地  ● 試作染  ●うちわ  ●扇子   
● 屏風  ●額絵 など     計 80 点

併設展示

仙台藩のやきもの 堤焼・切込焼
明治・大正のガラス器

催しもの

ワークショップ「うちわをつくろう」 
8/12(土)・8/19(土)・8/22(火) 各11:00~ 先着15名 無くなり次第終了 
※材料費無料ですが当日の入館者に限ります(所要時間15~30分)

休館日

会期中無休
この期間中(8/5~9/15)の入館料は一般200円、学生100円、
高校生以下無料です [1F・5Fのみの展示となります]

本日開催の展覧会・イベント

ニュースレターvol.2