1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介があつめた仮面 

芹沢銈介があつめた仮面 

開催期間

2007年10月1日(月)~12月17日(月)

 「仮面」は、自身以外になるための「変身」の道具であり、また目に見えない、人間を超越した力の持ち主を表現したものといえるでしょう。それは神であり、 精霊や鬼神でもありました。

 アフリカの諸部族において仮面は、政治や特殊な結社、裁判、農耕や収穫の儀礼、成人儀礼、葬送、魔除けなど日常生活のすべてにかかわる、 なくてはならない存在です。強調された目鼻や装飾は、自然界と人間界の秩序を、仮面が支配していると言ってよいほどの強いインパクトを感じさせます。また、日本には田楽や申楽、 さらには神楽で使用された面(民俗仮面)が残されています。その表情はユーモラスであったり、奇怪であったりと多様で、型にとらわれない自由さがあります。

 仮面の制作は世界各地にみられます。その造形は自然や歴史、宗教、生活と密接に絡み合いながら生み出されてきたと想像できます。それだけに仮面は、 不思議な力強さと魅力にあふれています。

 芹沢銈介は生前、プリミティブな造形に関心を寄せ、世界各国の仮面を精力的に蒐集しました。それらの仮面は、日本、韓国、中国、インドネシア、パプア・ニューギニア、アフリカ、 北米、南米など広い範囲におよび、その数は有に300を超えています。仮面の造形は、 現代の私たちにさまざまなメッセージを投げかけてくれることでしょう。

主催 東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 
共催 河北新報社 NHK仙台放送局 
後援 朝日新聞仙台総局 TBC東北放送 仙台放送 ミヤギテレビ KHB東日本放送 Date fm
協力 静岡市立芹沢銈介美術館 

出品リスト

芹沢銈介があつめた世界各国の仮面 約150点

併設展示

新収蔵の芹沢銈介作品 
仙台藩のやきもの 堤焼・切込焼

催しもの

●講演会
10/13(土)13:30~15:30
講師:坂田和實 氏(古道具・坂田) 
「私の、好きなもの美しいものを選ぶモノサシ」
※要予約(予約受付中 TEL 022-717-3318)[当日の入館券が必要です] 

●型絵染講習会
11/10(土)10:00~16:00 (定員25名)
講師:土手 武彦 氏・千鶴子 氏 (土手染色工房)
※要予約(10/19~受付開始 TEL 022-717-3318)[材料費2500円必要] 
    …なお初心者を優先とさせていただきます… 

●ギャラリー・トーク
10/20(土)・11/17(土)・12/15(土)各13:30~
当館学芸員担当・自由参加  [当日の入館券が必要です]

●ワークショップ「飛び出す仮面のカードを作ろう」
:10/6・9・12・14・16・18・20・23・26・30、
 11/1・3・6・9・11・13・15・17・20・23・25、 12/4・7・9・11・13・15 
各11:00~15:00 (体験時間15~30分・自由参加)[当日の入館券が必要]

休館日

11/27~12/1

本日開催の展覧会・イベント