1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介のはがき絵

芹沢銈介のはがき絵

開催期間

2008年8月5日(火)~9月15日(月)

 芹沢銈介の一日は、朝早く手紙を書くことから始まったそうです。それほど筆まめで、日課であったことを長男の芹沢長介前館長が生前話しておられました。

 到来物への感謝のお礼状、近況報告、仕事のことなどを離れて暮らす全国の友人、知人に、また旅先からは家族にあてて出されました。それらの手紙は各地にどれほど残されているのでしょうか。

 倉敷民藝館初代館長の染織作家・外村吉之介は、芹沢銈介との交友を次のような文章に残しています。「音信は400通に近くある。絵入りのものが3割に及ぶであろう。文句は自然であり、文字は美しく、 絵入りは絶妙である。それらを編年風にならべて一巻としたら、故人を偲ぶ無二のよすがとなろう」と。ふたりは長年離れて暮らしたために、時世や生活、心境の変化までを文章にして、やり取りをしていたのです。

 銈介が書いた絵入りの手紙、はがきは、文章に肉筆の絵を添えた私信と、型紙を使用した型絵染や合羽刷りの年賀状に分けられます。中でも、短い文章に肉筆の絵を添えたはがきは、 ストレートに相手の心にひびく温かい人柄が感じられるものばかりです。受け取った人の心をどれほど喜ばせたことでしょう。

 今回の展覧会では、借用させていただいた個人蔵のはがき絵、寄贈を受けたものをご遺族のご好意で136枚紹介いたします。

出品リスト

●はがき絵  ● 着物  ●のれん  ●帯地  ●壁掛  ●うちわ  など 
 計 約165 点

併設展示

仙台藩のやきもの 堤焼・切込焼
明治・大正のガラス器

催しもの

ワークショップ「うちわを作ろう」 
8/9(土)・8/12(火)・8/20(水)・8/31(日)・9/6(土) 各11:00~15:00 
※材料費200円かかります(所要時間30分)

休館日

会期中無休
この期間中(8/5~9/15)の入館料は一般200円、学生100円、
高校生以下無料です [1F・5Fのみの展示となります]

本日開催の展覧会・イベント

ニュースレターvol.2