1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 過去の開催情報
  4. 芹沢銈介コレクション 日本の絵画

芹沢銈介コレクション 日本の絵画

開催期間

2009年4月8日(水)~6月23日(火)

 芹沢銈介の蒐集は矢立(やたて)に始まり、24歳の大正8年頃から小絵馬に興味が移ったとされています。それらはやがて民藝運動を始動していた柳宗悦の知るところとなり、昭和2年には静岡の芹沢宅を訪れます。 柳は「各地の美しいものが随分よく集まっている」とその選択眼に感心し、さらに南部八戸の不思議な魅力を持つ小絵馬の存在に大きな感銘を受けました。以後芹沢は染色工芸の道を選ぶことになりますが、小絵馬は、 柳宗悦を生涯の師として運動をともに推進する大きなきっかけとなりました。

 芹沢銈介が戦後に蒐集して、現在は大部分を静岡市立芹沢銈介美術館が所蔵する屏風絵、仏画、絵馬、泥絵、ガラス絵、大津絵などの日本絵画で構成します。これらは、必ずしも柳宗悦の系統をひく民藝に限られているわけではなく広い分野にわたっています。 たとえば鎌倉時代の「種字曼荼羅」や桃山時代の「誰が袖屏風」「扇面流し屏風」「諸将旌旗図屏風」「辻が花模様雛形」「曽我物語」などの一級の古美術品や和本類も含まれているのです。

 随筆家・白洲正子は、抜きんでた美意識で世に知られ、能や骨董、かくれ里をめぐる旅で日本文化の本質を論じました。白洲は芹沢の蒐集を「そこには一貫した美の基準ともいうべきものが通っている」と評しました。桃山時代の「誰が袖屏風」 の名品所蔵をめぐってお互いに競いあったという逸話は有名です。芹沢は20代の頃から、ものを見る眼に定評がありましたが、後年は白洲をはじめとする当代の目利き達からも一目置かれる存在でもあったのです。 芹沢銈介が既成の観念や価値観にとらわれずに自由な眼で選んだ古今の美しい日本絵画を、現代の私たちの眼でもう一度見直してみようとする展覧会です。今回の展覧会は静岡市立芹沢銈介美術館のご協力を得て、日本の絵画を約150点紹介いたします。

主催 東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 
共催 河北新報社 NHK仙台放送局
後援 朝日新聞仙台総局 TBC東北放送 仙台放送 ミヤギテレビ 
   KHB東日本放送 Date fm
協力 静岡市立芹沢銈介美術館

出品リスト

●近世絵画(屏風・軸) ●仏画 ●絵馬 ●和本 ●大津絵 
●泥絵  ●ガラス絵  など     約150点

併設展示

芹沢銈介作品 
明治・大正のガラス器 
宮城県のやきもの 堤焼・切込焼

催しもの

講演会「中尊寺参詣曼荼羅」
講師 濱田直嗣氏(文化史家)
5/16(土)13:30~15:30 当館5Fロビー
要予約(4/8~予約開始 定員70名)当日の入館券が必要
・・・ご参加ありがとうごいました・・・

型絵染講習会:土手染色工房 土手武彦氏・土手千鶴子氏
5/30(土)10:00~15:30 東北福祉大学
要予約(5/15~電話にて予約開始 定員25名)材料費2500円がかかります
・・・ご参加ありがとうごいました・・・ 

学芸員によるギャラリートーク 
4/18(土)・5/3(日)・6/13(土)各13:30~ 
自由参加・当日の入館券が必要

ワークショップ
「板絵を作る」 11:00~15:00 
開催日:会期中の4月・6月は火曜・土曜、5月は火曜・日曜
体験時間は30分程度(材料費100円)

休館日

会期中無休

本日開催の展覧会・イベント

ニュースレターvol.2