1. ホーム
  2. 展覧会・イベント
  3. 芹沢銈介の釈迦十大弟子尊像展

芹沢銈介の釈迦十大弟子尊像展

開催期間
2020年1月11日(土)〜 4月3日(金)

芹沢銈介(1895-1984)は、日常にあふれる四季折々の風物や文字を題材に、型染による独自の工芸美を展開させ、類まれな文様世界を残しました。

「釈迦十大弟子尊像」は、型絵染の人間国宝・芹沢銈介による、晩年の本格的作品です。すでに「法然上人御影」や「微笑観音像」といった仏教主題に取り組んでいたものの、等身大で10名の荘厳な姿を型に彫り、染色するのは、87歳の身体にとって決して容易なことではなかったでしょう。釈迦十大弟子は、弟子のなかでも非凡な才能をもち、それゆえにその教えを護り伝えた釈迦の高弟です。柳宗悦を生涯の師と仰ぎ、その思想にふれながら、まっすぐに染めの道をすすんできた芹沢にとって、本作は、自らの歩みとも重なる大作といえます。

本展では、当館が所蔵する貴重な型紙用下絵や初公開の肉筆下絵を紹介しながら、「釈迦十大弟子尊像」の制作に迫ります。師・柳宗悦との深い繋がりを感じさせる「心偈(こころうた)」の色紙絵や肖像作品、梵字や曼荼羅から着想を得た作品などとともに、清らかで澄みきった世界をご堪能ください。

開館時間
10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
休館日
会期中の月曜日(ただし1/13、2/24は開館、1/14、2/25は休館)
入館料
一般400(300)円、 大学・専門学生300(200)円
( )は20名以上の団体料金
高校生以下、障がい者手帳をご持参の方および介助者1名は無料
着物で来館された方は当日の入館料100円引(併用不可)
会場
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
仙台市宮城野区榴岡2-5-26 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス2F
お問い合わせ TEL.022-717-3318
→アクセスはこちら
出品作品
芹沢銈介作品
「釈迦十大弟子尊像(紙本型染)」、「釈迦十大弟子尊像下絵(肉筆)」、「微笑観音像」、「四季曼荼羅二曲屏風」、「打てや双手を文のれん」、「柳宗悦像」、「心偈 色紙絵」、など 約70点
展示構成
展示室1 「釈迦十大弟子尊像への軌跡 ‐初期仏画とともに‐ 」
展示室2 「型絵染技法の紹介(映像)とインド・クシナガラの釈迦本堂について」
展示室3 「工芸の花 ‐芹沢銈介と心偈(こころうた)の世界‐ 」
主催
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
後援
河北新報社、NHK仙台放送局、朝日新聞仙台総局、東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、 東日本放送、Date fm、仙台リビング新聞社

関連イベント

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2/29(土)、3/1(日)、3/8(日)の工芸館講座、3/22(日)のギャラリートーク、ワークショップ「手作りストラップ 吉祥結び・シャカ結び」(毎週木・土曜日)は中止となりました。申し訳ございませんが、どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

◆工芸館講座A「釈迦と十大弟子」(全3回)
講師:大谷哲夫氏(本学前学長 当館前館長)
①2月9日(日)釈迦について ※終了しました
②2月29日(土)十大弟子のうち五仏(1) →中止
③3月8日(日)十大弟子のうち五仏(2) →中止

◆工芸館講座B「芹沢銈介作『釈迦十大弟子尊像』 ‐型絵染への挑戦‐」
3月1日(日) 11:00~12:00 [定員80名]  →中止
講師:門脇佳代子氏(本学講師)

◆展示解説
学芸員によるギャラリートーク
1月26日(日)、2月22日(土)、3月22日(日) 各11:00~(約30分) →中止
※自由参加、当日の入館券が必要

◆ワークショップ
「手作りストラップ 吉祥結び・シャカ結び」
会期中の毎週 木・土曜日 受付時間 11:00〜15:00 →中止
体験時間 20分程度  参加費 200円ß