新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について

現在の行動指針

新型コロナウイルス感染症について、デルタ株への置き換わりによる感染者が急増しております。
宮城県においては8月20日のまん延防止等重点措置が適用され、8月27日より緊急事態宣言が発出されました。
本学では8月25日より行動指針(BCP)を「レベル3(警戒<高度>)」に引き上げ、感染対策を強化しております。

これに伴う各種対応については下記の通りとなります。

1.学生の入構について
 不要不急の⼊構を禁⽌といたします。どうしても入構が必要な場合は担当課へ事前に電話等で予約・確認のうえ、許可が得られた場合のみ入構を認めることといたします。やむを得ず入構する場合でも、入構後は最短の時間で用件が済むようご協力願います。

2.課外活動について
 学生連盟・中央競技団体等が主催する大会に参加する場合を除き、すべての課外活動は禁止とします。学内施設の利用も禁止です。

3.窓口対応について
 原則、窓口での対応は行わずメール又は電話での問合せのみとなります。

4.図書館利用について
 原則、入館はできません。

【2021年9月8日追記】
1.授業・教育活動について
 オンライン授業のみ実施といたします。





今まで以上の緊張感をもって新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底し、感染防止に努めてまいります。

最新情報

在学生のみなさんへ

関連情報・対策情報リンク

本学のこれまでの主な対応