2018/06/13 広報課

キャンパスライフ入門の授業で「東北福祉大学の関連施設について学ぶ」を開講しました

「東北福祉大学の関連施設について学ぶ」をテーマにした授業が6月13日午後、本学の大教室で行われました。1年生を対象にした初年次教育科目「キャンパスライフ入門」の授業の1コマで、社会福祉学科を専攻する約480人が参加しました。

物語のストーリーを紹介する、せんだんの杜の北川係長
物語のストーリーを紹介する、せんだんの杜の北川係長
乳児から高齢者までの人生全般を守備範囲にする本学の関連法人・東北福祉会に所属する「せんだんの杜」から、保育園や児童自立援助ホーム、通所介護事業所、特別養護老人ホームで現場を預かる職員9人が、1年生の福祉理解の一助になろうと駆けつけました。

はじめに、総合福祉学部の金政信教授が「せんだんの杜の協力で実現した。施設を紹介しながら、皆さんが将来進む道への一つのきっかけづくりになればいい」と授業の目的を話しました。

学生に少しでも福祉への関心を高めてもらおうと職員が工夫を凝らしました。保育園に始まり、放課後デイサービス、児童自立援助ホーム、小規模デイサービス、特別養護老人ホームまでリレー形式で、施設を利用する子どもから高齢者までの生活ぶりを物語風に仕立てた寸劇を披露しました。
自己紹介の後に挨拶を述べる、せんだんの杜・児童福祉施設の小野寺総合施設長(中央)
自己紹介の後に挨拶を述べる、せんだんの杜・児童福祉施設の小野寺総合施設長(中央)
熱演した職員一人ひとりが自己紹介を受け、せんだんの杜児童福祉施設の小野寺道子総合施設長が「“福祉って何”を長年、問いかけてきた。職員は誇りを持って仕事に取り組んでいる。(皆さんにも)仲間として、一緒に学んで施設に遊びに来てほしい」と期待を込めて話しました。

熱心に見守った熊井悠大さんは「施設があることは知っていたが、今回どういうところかがよく分かった」と話し、収穫ありの様子でした。 

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp