2020/09/17 東北福祉大学

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における東北福祉大学の行動指針

現在の警戒カテゴリー【A】 (2020年09月17日現在)

カテゴリー 定義
A
(要注意)
市中等において、感染の危険性の疑いがある状況が見られる(大幅に減少した)場合

現在の具体的な行動指針

※レベルが変更された種別は朱書きされています。
種別 レベル 概要
1. 講義・演習、実験・実習・実技 レベル1 感染防止に留意する。対面授業の制限、スクール形式授業の実施、オンライン授業の推奨
2. 教員の研究等活動(講演会、研究会等を含む) レベル1 感染防止に留意して、研究活動を実施
3. 事務業務 レベル1 感染防止に留意して、通常通りの勤務を行う
4. 会議 レベル1 感染防止に留意して、対面会議を実施
5. 学生の入構規制(制限) レベル1 感染防止に努め、密閉・密集・密接にならないように行動する
6. 課外活動(部活動・サークル・ボランティア活動) レベル1 感染拡大防止に最大限配慮した形態での活動
7. 教職員の出張・旅行等 レベル1 流行地域への出張・旅行等の注意

警戒カテゴリーの区分

カテゴリー 定義
A
(要注意)
市中等において、感染の危険性の疑いがある状況が見られる(大幅に減少した)場合
B
(警戒)
市中等において、感染の拡大傾向が見られ、今後感染拡大が高い状態で推移すると予想される場合、学生及び教職員に一部行動自粛の要請をする場合 など
C
(警戒<高度>)
国や自治体から、国民等に対して緊急要請が行われた場合、学生及びキャンパス内の部局及び関連施設で感染の疑いがある症状等の報告があった場合 など
D
(緊急)
国の緊急事態宣言などにより、国や自治体による一斉休校の要請が行われた場合、学生及びキャンパス内の部局及び関連施設で感染者の発生もしくはクラスター感染の発生がある場合 など

具体的な行動指針

種別 レベル 概要
1. 講義・演習、実験・実習・実技 レベル0 通常通り
レベル1 感染防止に留意する。対面授業の制限、スクール形式授業の実施、オンライン授業の推奨
レベル2 感染拡大防止措置を講ずる。対面授業の禁止(但し、止むを得ない事情がある場合は要相談)、オンライン授業の活用
レベル3 オンライン授業のみ実施
レベル4 全休講
2. 教員の研究等活動(講演会、研究会等を含む) レベル0 通常通り
レベル1 感染防止に留意して、研究活動を実施
レベル2 感染拡大防止措置の上、必要最小限の研究等活動の継続、講演会や研究会の開催・参加は自粛
レベル3 オンラインでのディスカッション推奨、在宅での研究等活動の推奨、講演会や研究会の開催・参加の禁止、濃厚接触の回避
レベル4 原則、教員の入構禁止、講演会や研究会の開催・参加の禁止
3. 事務業務 レベル0 通常通り
レベル1 感染防止に留意して、通常通りの勤務を行う
レベル2 感染拡大防止措置の上、事務業務を行う。勤務時間・出勤日の制限
レベル3 出勤者数の制限、業務の一部制限
レベル4 大学(事務)機能維持、施設管理要員のみ出勤
4. 会議 レベル0 通常通り
レベル1 感染防止に留意して、対面会議を実施
レベル2 感染拡大防止措置の上、対面会議を実施。オンライン会議を推奨
レベル3 陪席を含め10名以上の会議は、可能な限りオンライン会議へ移行
レベル4 オンライン会議のみ
5. 学生の入構規制(制限) レベル0 通常通り
レベル1 感染防止に努め、密閉・密集・密接にならないように行動する
レベル2 感染拡大防止に最大限配慮する。学生の入構を自粛する
レベル3 不要不急の入構禁止。入構した場合、滞在は最短時間とする
レベル4 全ての学生は入構禁止
6. 課外活動(部活動・サークル・ボランティア活動) レベル0 通常通り
レベル1 感染拡大防止に最大限配慮した形態での活動
レベル2 原則、活動停止。活動状態に応じて一部の課外活動は可能。但し、時短等に配慮
レベル3 活動禁止、学内施設の利用禁止
レベル4 全面活動禁止
7. 教職員の出張・旅行等 レベル0 通常通り
レベル1 流行地域への出張・旅行等注意
レベル2 流行地域への不要不急の出張・旅行等の自粛
レベル3 緊急事態宣言対象地域への出張・旅行等の原則禁止
レベル4 全ての移動を原則禁止

この記事に関するお問い合わせ

総務部 災害対策課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-301-0600