オンライン授業に関わる支援について(5月28日)- 在学生の皆さんへ

在学生の皆さんへ

5月18日(月)よりオンラインでの授業が始まりました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が解除されましたが、本学は大学への入構禁止を引き続き7月31日(金)までとします。
学生の皆さんは引き続き、現在生活している場所において、オンライン授業を受講するようにしてください。宮城県外にいる方は、授業の受講のために移動をする必要はありませんので安心してください。
オンライン授業は以下のように進めます。授業開始日より遅れて受講することも可能です。

オンライン授業の進行方法

  • 授業開始後はじめの2週間は、同時双方向型授業は行わず、資料提示型および動画オンデマンド配信型のみとしますので、授業日以降であってもEduTrackで受講・閲覧することができます。(ただし、小規模のゼミなどにおいて、すでに皆さんと担当教員との間で同時双方向型授業を行う連絡が取れている場合はこの限りではありません。)
  • すべての授業内容は、前期最終日8月28日(金)までEduTrackで閲覧可能です。
本学では、新型コロナウイルス感染防止対策によりオンライン授業を円滑に開始するためのインターネット環境整備や経済的支援のための緊急修学支援金を支給する準備をしております。緊急修学支援金に関する詳細は後日お知らせいたします。本学は、対面授業と同等に教育効果を保持するよう努めますので、学生の皆さんは安心して学業に励んでいただきますようお願いいたします。

早急に学生全員のネット環境を整える必要があることから、本学では「新型コロナウイルス感染症拡大によるオンライン授業開始等に伴う東北福祉大学緊急給付金」(5月15日)を発表し、インターネット環境整備のため、学生全員に3万円を給付することになりました。つきましてはインターネット環境の整備を各自進めてくださいますようお願いします。これに伴い、当初予定しておりましたインターネット環境の整備状況に関する全員回答の調査は実施いたしません。
大学ホームページ「オンライン授業ガイド(学生用)」に「オンライン授業スタートアップガイド」を5月11日(月)、掲載しましたのでご参照ください。