2020/06/10 東北福祉大学

【重要】新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第7報・2020年6月10日現在)

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について厚生労働省は8日、「37度5分以上の発熱が4日以上」との表記を削除した新指針を公表しました。それに伴い、本学の対応も一部変更しましたので、あらためてご確認ください。

状況は日々変化しているため、各自最新の情報や大学が発信するお知らせをこまめに確認のうえ、感染症対策に努めていただくようお願いします。

【本学学生・教職員専用  新型コロナウイルス感染症に関する連絡先】

本学学生・教職員専用のコールセンターおよびメールアドレスを開設しています。

次のいずれかに該当する場合は、感染が疑われます。登校・出勤はせず、すぐに(必ず)下記へご連絡ください。
(派遣職員については派遣元に報告の上こちらに連絡してください)
① 息苦しさや強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。
② 高齢者や基礎疾患等がある方で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある場合。
③ 比較的軽い風邪が続く場合 
      
<連絡先>

e-mail    ccc2020@tfu-mail.tfu.ac.jp  (24時間受付・対応が翌日になる場合があります)
※電話は、5月31日をもって一時中断させていただいております。

その後、仙台市・宮城県の健康電話相談窓口 〔コールセンター・022-211-3883/022-211-2882(24時間対応)〕に
連絡していただき、④~⑥となった場合はあらためてご連絡ください。
④ PCR検査を受けることとなった場合
⑤ PCR検査を受けた結果の報告(陽性/陰性に関わらず)
⑥ 感染が判明した場合

登校・出勤停止等の基本的な考え方

登校・出勤前に必ず体温を計測し、発熱や風邪症状がある場合は自宅待機してください。

登校・出勤停止等の扱い

新型コロナウイルス感染症は、学校保健安全法に定める第一種感染症とみなされ、「学校において予防すべき感染症」となりました。本学では、第一種学校感染症に罹患した場合は、学内感染を予防するため、「学校保健安全法」「学校保健安全法施行規則」により治癒するまで「出席停止」となることから、感染またはその疑いがある(保健所から濃厚接触者に指定)とみなされた学生・教職員は、欠席・欠勤扱いとなりません。
(学生は公認欠席、教職員は就業規則第38条に基づく特別休暇として取得)

同居の家族等に感染が疑われる場合

  • 【本学学生・教職員専用 新型コロナウイルス感染症に関する連絡先】にご連絡ください。
  • 毎日体温を計測・記録するなど健康観察を実施し、不要不急の外出は避けてください。
  • 発熱などの症状があるときには登校・出勤しないでください。

感染が判明した場合

本 人
  • 医療機関や保健所の指示に従って治療等に専念してください。
  • 必ず【本学学生・教職員専用 新型コロナウイルス感染症に関する連絡先】に連絡してください。
     連絡内容:所属、学籍番号(学生のみ)、氏名、入院先、入院期間、本人の緊急連絡先(携帯電話等)
  • 退院後さらに2週間は自宅経過観察
大 学
所管保健所と連携を図り以下の対応を行います。
  • 感染者および濃厚接触者への健康観察の実施等
  • 感染者および濃厚接触者の学内における行動履歴のある建物を、保健所から指定された期間閉鎖し、消毒作業を行う。その建物での講義は中断し、以後の授業を臨時休講とする場合もある。(当面の間、オンライン授業)
  • 状況により構内への立ち入り制限を行う場合もある。
  • 保健所等から指示された期間、大学へ通学・出勤を停止する措置を講じることもある。
  • 学校保健安全法第20条に基づき、臨時休業等の措置をとることもある。
※ 感染者発生の連絡は、医療機関から所管保健所に届出がなされます。
※ 感染者本人の行動履歴等のヒアリングは保健所が行います。
濃厚接触の判断は所管保健所が行います。

前期授業について

対面授業の禁止(ただし、実習の事前事後指導等止むを得ない場合は要相談)、オンライン授業を活用します。
詳細は「オンライン授業に関わる支援について」をご確認ください。
変更の都度、別途UNIVERSAL PASSPORT等で随時更新しますのでこまめに確認してください。

部活動・サークル・ボランティア活動等について

当面の間、引き続き禁止します。学内施設の利用も禁止します。厳守してください。

本学主催の講演会、研究会、懇親会等の開催について

当面、延期・中止してください。

本学が主催ではない講演会、研究会、懇親会等の参加について

不要不急か検討し、可能な限り自粛してください。

教職員の出張・旅行等について

流行地域への不要不急の出張・旅行等は自粛してください。

留学等の対応

派遣や受け入れを延期・中止します。

渡航禁止の継続

世界保健機関(WHO)が終息(制圧)宣言するまで渡航を禁止とします。

帰国者への自宅経過観察の徹底

  • 帰国した翌日から2週間は、登校・出勤・外出を控え自宅待機
  • 健康観察(毎日朝晩2回、体温を測り記録)してください。
  • 経過観察中に感染が疑われる症状(冒頭に記載)があらわれた場合は【本学学生・教職員専用 新型コロナウイルス感染症に関する連絡先】にご連絡ください。
 

大学への入構について

引き続き6月1日(月)から6月21日(日)まで、不要不急の入構を禁止します。
入構した場合の滞在は最短時間としてください。

その他

  • 健康診断について
学生・教職員:UNIVERSAL PASSPORTでお知らせしておりますのでご確認ください。

各種問い合わせ・相談について

6月1日(月)〜19日(金)は8時30分~17時30分(土日を除く)

関連ページ

本学のこれまでの主な対応