令和3年度(2021年度)授業の方針について

学生・受験生・保護者の皆さま

令和2年12月21日
東北福祉大学  
学長 千葉 公慈

本学では、新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、令和2年度前期授業については全面オンライン授業、後期授業については履修人数により、教室の収容人数を抑えながら一部対面授業を実施してまいりました。しかし、新型コロナウイルス感染はいまだ収束が見通せない状況が続いており、令和3年度授業につきまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に最大限努力しながら、3密を回避し、授業実施における感染対策防止等を徹底し、皆さまの安全と学生の学修機会の確保との両立を前提として、以下の基本方針により可能な限り対面授業を開講できるよう検討しております。
  1. 最大限感染防止対策を実施し、可能な限りの対面授業を推進する。
  2. ソーシャルディスタンスを前提とした教室の収容人数(通常定員の1/2)を基本とし、収容人数上限を超える授業については、オンデマンド授業とする。
  3. 週に3日は学生が通学し、対面授業を受講できるよう配慮する。
  4. 対面授業に出席できない学生等に対しては、対面授業を実施する科目で、各教員の考えに基づきオンライン授業等も併用し実施する場合がある。
  5. 新型コロナウイルス感染症が沈静化し、対面授業が実施可能な状況になった場合は、対面授業をさらに拡大し実施する場合がある。
  6. 新型コロナウイルス感染症の状況が悪化し、緊急事態宣言が発令された場合は、すべてオンライン授業に変更する。

本学として今後も教職員と学生の皆さまに感染防止対策への協力をお願いせざるを得ませんが、学生の皆さまが充実した学生生活を送ることができるよう大学づくりを進めたいと思います。ご協力とご理解をお願い申し上げます。

なお、本方針は現時点での状況に応じて作成・公表しておりますので、今後、新たな感染拡大や、最新の情報、知見が得られた場合は随時変更、見直しを行います。