東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第5回 全体研究会

第5回 全体研究会 平成26年7月26日開催

東北福祉大学感性福祉研究所 感性福祉研究センター
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成24年度~平成28年度)
第5回全体研究会
8:50~ 開会
各グループ 取組内容発表
時間 グループ 演題名 発表者
9:00
~9:50
G3-6 コミュニティ・ビジネスと地域社会の振興
—スモールビジネスによる健康と地域の再生—
工藤健一
G3-2 東日本大震災が障害児・者、高齢障害者とのその家族にもたらした生活課題と今後の復興への取り組み 阿部一彦
G3-11 避難所における臨床美術の実践研究 大城泰造
G3-10 避難所等における睡眠に関する研究  水野康
9:50
~10:00
休憩
10:00
~10:50
G3-9 被災地高齢者における心身ともに回復を図る運動プログラムの開発と人材育成システム開発研究 鈴木玲子
G3-3 離島地域における災害支援に向けた地域介入モデルに関する研究 加藤伸司
G2-2 災害時における地域包括ケアシステムの構築に向けて 森明人
G2-9 「被災経験の語り部」養成を通じた地域健康福祉の復興に関する研究 渡部芳彦
11:00
~12:00
基調講演 『震災支援とソーシャルワーク』 大橋謙策
12:00
~13:30
グループミーティング
昼食
13:40
~14:30
G3-8 カウンセリングエステ実践による地域住民の健康福祉リテラシー向上・社会関係資本の育成 光永輝彦
G3-5 被災地域・中山間地でのコミュニティの再生と1次産業の復興 山口政人
G3-4 人と人とをつなぐ災害支援ボランティアコーディネート-被災地の復興を目指した社会福祉システムの検証- 阿部利江
G2-8 被災地に求められる子育て支援に関する研究 米山珠里
14:30
~14:40
休憩
14:40
~15:30
G2-7 緊急災害時における官民協働の国際比較 
~我が国の消防団と韓国の民防衛との比較を通じて~
尹永洙
G2-6 東日本大震災への「心のケア」
~「教師・保護者支援」と「こども・家族支援」と
「生きる力の社会的支援」~
西野美佐子
G2-5 東日本大震災と津波災害からの復興に与える寺院を中心とした地域ネットワークの影響 岩田一樹
G2-4 福祉交通サービスシステムの充実化の検討及び災害弱者、特に情報障害のある人への効果的な情報提供手法の検討 岡正彦
15:30
~15:40
休憩
15:40
~16:30
G2-1 地域住民を主体とした健康福祉計画における関係機関の連携システム構築に関する研究 赤塚俊治
G1-2 「災害」が社会福祉、ソーシャルワークに与えた衝撃とそれへの対応に関する研究 塩村公子
G1-1 健康福祉システムの理論的研究
 — 地域健康福祉に関するシステム論的分析法の開発—
関田康慶
G2-3 復興過程における被災住民の生活の実態と健康課題に関する研究 富澤弥生
16:30~ 閉会

全体研究会

感性福祉研究所
第Ⅰ期 学術フロンティア推進事業(平成10年度-平成14年度)
第Ⅱ期 学術フロンティア推進事業(平成16年度-平成20年度)
「ヘルス・システムの変容とヘルス・リテラシーに関する研究」
「児童青年期精神疾患および高齢者関連疾患における先進的個別化予防ケアシステムの構築に関する研究」
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第1回 全体研究会
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第2回 全体研究会
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第3回 全体研究会
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第4回 全体研究会
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 第5回 全体研究会
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築 業績一覧
東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築
『3.11を契機とする地域の健康福祉システムの再構築』-「集中復興期間」後の展開- (研究期間:平成29年度~平成33年度)
感性福祉研究所 研究事業