東北福祉大学鉄道交流ステーション:第29回企画展「空から眺める駅の姿容(すがた)と変遷」

第34回企画展「鉄道のためにはたらく乗りもの」

poster

時刻になれば列車がやって来て、目的の駅まで予定どおりに着くことができる。私たちが当たり前と思っている鉄道の安全で正確な輸送は、車両の整備はもちろん、いろいろな現場で昼夜を問わず行われている設備の点検や保守工事によって実現しています。それらの作業は、専門性の高い技術と精密さが求められるだけでなく、鉄道を利用しない深夜や早朝の限られた時間帯に実施されることが多いので、私たちが目にする機会はほとんどありません。

一方、万が一、事故や災害が発生した場合には迅速な復旧対応が求められますし、寒冷地においては厳しい天候の中で除雪を遂行しなければなりません。

こうした苦労の多い仕事をサポートするために、鉄道では保守・点検用のための機能が備わった車両や機械扱いのくるまが現場で大活躍しています。これらの乗りものは、時代によって進化し、さまざまな工夫がなされてきました。そんな鉄道のために活躍している特殊な乗りものの働きや、今と昔を見ながら、鉄道の安全・安心を支えている舞台裏のお仕事を覗いてみたいと思います。

Nゲージ模型レイアウトは、展示室に常設しています。

高架線を新幹線や特急車両、地上線には基本的に在来線の車両が走っています。ときどき「特集」で様々な車両が走ることがあります。
*動画は「東北・北海道を走ったブルートレイン」展の最終日の様子。北海道から九州まで全国の寝台列車のほか、新幹線や特急車両も走りました。

会場 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 展示室
開催期間 2018年8月1日(水)〜11月2日(金)
開館時間 午前10:00〜午後4:00
休館日 毎週日・月曜日、および、祝日

臨時開館:10月28日(日) 国見街道まつりのため

臨時休館:8月14日(火)〜16日(木)、10月30日(火)
*定休を含めお盆期間8月11日(土)〜16日(木)は連休になります。
 10/30は10/28の振替休

*その他、悪天候や大学行事等で臨時に休館する場合があります。詳しくはHP等でお知らせします。
入場料 無料
主催 東北福祉大学・鉄道交流ステーション
協力 JR東日本(株)仙台支社、鉄道博物館、仙建工業(株)、㈱ジェイアールテクノサービス仙台
後援 宮城県教育委員会、 仙台市教育委員会、河北新報社、東北鉄道協会、
(社)交通環境整備ネットワーク、みちのく鉄道応援団

鉄道模型館

期間中の土曜日開館 午前11:00〜午後4:00
→詳しくは模型館のページで。