目次リンクへ

履修と研究の方法

I 修了要件

1 修業年限・最長在学年限

 修業年限は2年とし,4年を超えて在学することはできません。やむをえない事情がある場合の休学は4月から翌年3月までの1年単位で,最長2年まで可能です(最長在学年限4年には,休学期間[最長休学期間2年]を含みません)。

2 課程修了の要件

 課程修了の要件は,下記のとおりです。

  1. 2年以上在学し,専攻ごとに定められた規定に従って30単位以上修得すること。
  2. 担当教員の指導のもとに作成した修士論文を提出し,審査および最終試験に合格すること。

開設授業科目一覧を参照してください。
 社会福祉学専攻→表1
 福祉心理学専攻→表2

3 学位の授与

 社会福祉学専攻修士課程  修士(社会福祉学)
 福祉心理学専攻修士課程  修士(福祉心理学)