東北福祉大学教員免許状更新講習<通信教育>

講習内容

本講習では、「必修領域」6時間、「選択必修領域」6時間、「選択領域」18時間を開講しますので、
免許状更新に必要な30時間の講習を満たすことが可能です。
 ※ 開設期間 : 平成29年4月1日~10月22日(試験日含む)

 募集期間 : 2017年度の募集は終了しました


必修領域「子どもを取りまく教育の今日的課題」
募集定員
500名
対象教諭
全教諭
受講料
6,000円
講習内容
1.教職についての省察 2.子どもの変化についての理解 3.学校の内外での連携協力についての理解の3点を主テーマとする教育に関する最新の事情について、レポートをまとめることによって学習する。
選択必修領域Ⅰ「道徳教育」
募集定員
500名
対象教諭
全教諭
受講料
6,000円
講習内容
特別の教科である道徳について、「道徳の教科化」「法令の変化」「道徳指導方法の動向」の 3 点を主テーマとしてテキストを中心に学習を行い、これをレポートにまとめることによって学習する。
選択必修領域Ⅱ「学習指導要領の改訂の動向等」
募集定員
500名
対象教諭
全教諭
受講料
6,000円
講習内容
今日の教育政策の動向について理解を深め、「学習指導要領改訂等の動向」「その他の教育改革の動向」をテーマにテキストを中心に学習を行い、これをレポートにまとめることによって学習する。
選択領域A「特別支援教育の理解と実践」
募集定員
500名
対象教諭
教諭・養護教諭
受講料
15,000円
講習内容
平成19年4月に、特殊教育から特別支援教育へと新たなスタートを切り、共生社会を目指し充実発展してきた。最近では、障害者差別解消法も施行され、学校現場はもとより、社会の中でも当たり前のように障害のある方々への理解と合理的配慮が求められる時代となった。そこで、本講習では、インクルーシブ教育システム構築に向け、特別支援教育の基礎・基本を学び直し、障害のある児童生徒への具体的な指導・支援の在り方を学習する。
選択領域B「学校臨床における心理教育的援助」
募集定員
500名
対象教諭
教諭・養護教諭
受講料
15,000円
講習内容
  1. 心理教育的援助サービスの基礎…子どもへの援助 教師・保護者および学校組織への援助
  2. 段階別心理教育的援助サービス…一次的援助サービス 二次的援助サービス 三次的援助サービス
  3. 心理教育的アセスメント…心理教育的アセスメントとは 心理教育的アセスメントの対象 心理教育的アセスメントにおけるアプローチ 心理教育的アセスメントの方法
  4. カウンセリング…カウンセリングにおける関わり 危機介入
以上、心理教育的援助サービスの理解と介入の実践的方法について、レポートをまとめることによって学習する。
選択領域C「知的障害を伴う自閉児の特別支援教育」
募集定員
500名
対象教諭
教諭・養護教諭
受講料
15,000円
講習内容
知的障害を伴う自閉児の教育について詳しく学習する。まず、これらの児童生徒の教育の基本的考え方、教育課程の編成の基本的方針を学ぶ。その後、これらの生徒に中心的に行うべき教育課題(社会的相互交渉の機能を高める課題、言語コミュニケーションの機能を高める課題、認知機能を高める課題)について具体的事例に基づいて学習していく。さらに、これらの教育課題を指導していく上で効率的な指導方法を学習していく。また、これらの児童生徒の指導において大きな課題である、彼らの不適切な行動への改善方法についても学習する。
選択領域D「現代社会と子育て家庭支援」
募集定員
500名
対象教諭
教諭(幼稚園教諭向け)・養護教諭
受講料
15,000円
講習内容
本科目では、子どもたちが就学前に通うという視点をもって子育て家庭支援について学ぶため、幼稚園、保育所、認定こども園における支援方法についての理解を深める。
幼稚園教諭、保育士、今後は保育教諭もそれぞれの現場において子どもとの関係を築くことが主となるが、その家族、勤務先の職員、現在では地域との連携を深めることも求められている。そこでまず、はじめに現代社会の子育て環境について理解する。次に子どもが育つうえで最も身近な存在である家族に対して、どのような家庭支援が行われているのか、その支援方法について理解すると同時に地域との連携のあり方ついて学習する。
※主に幼稚園教諭向けの講習内容となっておりますが、その他の教諭・養護教諭も受講可能です。