東北福祉大学 通信教育部

  • 東北福祉大学HOME
  • 通信教育HOME
  • 請求フォーム
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

科目修了試験とは

履修方法「R」で科目単位を修得するために受験する会場試験です。

※レポートの合格と併せて、科目の単位が認定されます。

※出題内容は『レポート課題集』の各科目の「科目修了試験評価基準」参照、解答は論述式(一部例外あり)となります。※受験料は学費に含まれており、別途費用はかかりません。

※下記の詳細については、該当ページをご覧ください。
【科目修了試験におけるルール】:p.180〜
【科目修了試験の流れと留意事項】:p.181〜

※科目修了試験に関するメールでのお問い合わせ
ut@tfu-mail.tfu.ac.jp(科目修了試験係)

試験日程 ・会場

年間全8回、全国各地の会場で実施します。
※会場によって実施回数は異なります。
※年間予定は『試験・スクーリング情報ブック』2部を参照。
※各回の詳細や申込案内は、機関誌『With』3部を参照。

時間割

標準的な時間割は下記のとおりですが、異なる場合もありますので、必ず機関誌『With』にてご確認ください。

土曜日実施会場(例)

集合時間13:30

時間 科目
13:30〜13:45 諸連絡
13:45〜14:30 1科目め
14:30〜15:15 2科目め
15:15〜16:00 3科目め
16:00〜16:45 4科目め

日曜日実施会場(例)

集合時間9:45

時間 科目
9:45〜10:00 諸連絡
10:00〜10:45 1科目め
10:45〜11:30 2科目め
11:30〜12:15 3科目め
12:15〜13:00 4科目め

単位修得方法

履修方法「R」:科目修了試験の合格と併せて、レポート全課題の合格も必要です。

科目修了試験におけるルール

受験資格

科目修了試験は、次の3つの条件を満たしてい場合に受験できます。

  1. 申込締切日までに、受験する年度の学費を納入済みで、受験希望科目の履修登録を行っていること。
  2. 申込締切日までに、受験希望科目のレポート課題をすべて(合否にかかわらず)提出し、受付されていること。※レポートに不備がある場合は受付されません。
  3. 申込締切日までに、申込みを行い、受験を許可されていること。

申込方法・締切

「試験申込みハガキ」(機関誌『With』巻末)と「受験希望科目の全課題のレポート」を、指定の申込締切日必着で郵送してください(詳細はp.181〜182参照)。

受験可能科目数

1回の科目修了試験で4科目まで。
※「卒業試験」を受験する場合は2科目分の時間を要しますので、その他の科目は2科目まで。

その他

  1. 受験済みの科目修了試験の結果が不明のまま、次回の受験申込みをする場合
    前回の科目修了試験結果が出ていなくても、次回の科目修了試験の申込・受験することが可能です。
    ※どちらか一方が合格の場合、その成績が有効となります。
    ※いずれも合格の場合は、先に受験した試験の成績が有効となります。
  2. 履修方法「RorSR」科目の場合
    ・科目修了試験に合格し、単位修得した科目でも、スクーリングを受講し合格すれば、スクーリング単位が修得できます(総合評価は科目修了試験より変わりません)。 ・同じ科目について、同時期に科目修了試験受験とスクーリング受講を行った場合。
    ※どちらか一方のみ合格の場合は、その成績が有効となります。
    ※いずれも合格の場合は、最初に結果が出た方の成績が有効となります。
    ・スクーリングを受講し合格済みの科目は、科目修了試験の受験はできません。

このページの先頭へ