東北福祉大学軟式野球部

4年連続全国!2連覇へ挑戦

第42回全日本大学軟式野球選手権大会東北地区代表決定戦

6月5日、仙台市民球場で東北地区代表決定戦決勝が行われ、東北学院大学を5−3で下し4年連続の本大会出場を決めました。

6回に一時同点とされる苦しい展開となりましたが、7回に9番砂子のエンドランで勝ち越し。エース山口も粘り強い投球で4安打完投しました。

8月の本大会では、本学初の2連覇を狙います。応援、どうぞよろしくお願いいたします!

試合詳細

春季リーグ戦は2位通過

開幕戦となった東北学院大学戦の1回、いきなり二塁打で出塁した玉手(右)
開幕戦となった東北学院大学戦の1回、いきなり二塁打で出塁した玉手(右)
2019年度の東北地区春季仙台リーグ戦が4月6日に開幕しました。リーグ結果は2位通過。本戦への切符をかけて6月3日から東北地区代表決定戦が行われます。

リーグ戦、トーナメントの日程や速報等は東北地区大学軟式野球連盟のtwitterでご確認できます。

東北地区大学軟式野球連盟

5年ぶり3度目の日本一!

第41回全日本大学軟式野球選手権大会

2018年8月20日(月)から24日(金)まで長野県で行われた全日本大学軟式野球選手権で5年ぶり3度目の日本一に輝きました!
決勝は、昨年の全日本選手権初戦で破れた中京学院大学との対戦でした。
どちらも得点を許さず迎えた3回二死、1番川島(産マネ3年/大崎中央)がソロホームランを放ち、これが決勝点となりました。
投げては、決勝まで3戦で先発し24イニングで失点わずか1の新妻(産マネ4年/水城)が相手打線を4安打完封に抑え、虎の子の1点を守りぬきました。
なお、4戦で先発し4勝3完封、2回戦ではノーヒットノーランを達成した新妻が最優秀投手賞に、優勝の決勝点を含む2本のホームランを放った川島が最優秀選手賞を獲得しました。
たくさんのご声援、本当にありがとうございました!

組み合わせ表

公式戦情報

全国大会に関する情報は、全日本大学軟式野球連盟のホームページで詳細がご覧になれます。

全日本大学軟式野球連盟

ニュース