出張展示「芹沢銈介 本の装いと挿絵の世界」

2024年6月25日(火)~7月21日(日) 

会場 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス 東北福祉大学ギャラリーミニモリ

本学では、「地域社会に密着し、共に歩む」という理想の実現を目指し、様々な取り組みに力を入れています。その一環として、仙台駅東口キャンパス東北福祉大学ギャラリーミニモリでは、市民の教養や楽しみに寄与する催しを行っています。

当館はこれまで、仙台にゆかりある人間国宝・芹沢銈介(1895-1984)の作品を紹介する出張展示を行ってきました。芹沢は、「型絵染」という独自の技法を確立させ、豊かな色彩と斬新な文様表現による着物やのれん、うちわ、カレンダーなど、用と美が結ばれる多種多様な作品を制作しました。

今回は、ギャラリーミニモリ会場開催9回目の展覧会として、本の装いをテーマにした展示を開催します。芹沢が手掛けた型絵染による本の仕事は、書籍から雑誌まで、多くの人の目を楽しませてくれます。その内容は、表紙や背表紙、外箱、タイトルの書体や扉絵といった「装幀」、そして物語の「挿絵」や「カット」など細部にいたります。

装幀としては、「民藝」を啓蒙した雑誌『工藝』の表紙をはじめ、民藝運動を主導した柳宗悦や精神科医の式場隆三郎の著作本、文豪・川端康成の『雪国』や、山崎豊子の『ぼんち』など、600冊を超えるデザインを担当しました。また、挿絵の仕事では、西欧の騎士を日本の武士に置き換えるという新しい着想で制作された『絵本どんきほうて』や、佐藤春夫の『極楽から来た』、武田泰淳の『中国忍者伝 十三妹』といった新聞や雑誌連載の挿絵にも携わっています。1940年代に刊行された『少女の友』の物語挿絵や、『科学ペン』の表紙なども担当しており、仕事の幅に驚かされるものがあります。

当館には装幀から挿絵、その制作にかかわる資料等が収蔵されており、その中から約150点を一堂に展示します。表紙や背・裏表紙など、それぞれの面に施された文様は多彩です。思わず手に取ってみたくなる芹沢銈介の「本の装い」をお楽しみください。

開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日会期中の毎週月曜日
入館料一般500(300)円、大学生以下無料
・( )は10名以上の団体料金
・障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
会場東北福祉大学仙台駅東口キャンパス 東北福祉大学ギャラリーミニモリ
(仙台市宮城野区榴岡2-5-26)
アクセス■JR仙台駅/東西自由通路から徒歩3分 ■JR仙石線/仙台駅から徒歩約2分
■仙台駅東口/東西地下自由通路「出入口1」より徒歩1分
■仙台市地下鉄/南北線・仙台駅から徒歩約7分、東西線・宮城野通駅「北1出口」から徒歩約1分
 ※駐車場、駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
出品作品
(装幀)
川端康成『雪国』 山本周五郎『樅ノ木は残った』 獅子文六『可否道』 丹羽文雄『晩秋』
石坂洋次郎『金の糸 銀の糸』 今東光『はぜくら』 内田百閒『百鬼園随筆』 山崎豊子『ぼんち』
柳宗悦『民藝四十年』 式場隆三郎『ロートレック 生涯と芸術』 雑誌『工藝』 など

関連イベント

展示作品解説

7月6日(土)、20日(土) 各13:30~ 30分程度 (当日の入館券が必要)

ワークショップ  型紙を使った染色体験 「うちわを作ろう」

7月6日(土)、20日(土) 各10:00~12:30
◆当日受付(随時)各日 限定30人  ◆定数に達し次第受付終了
◆体験時間30~60分 参加費1000円  ◆参加された方は当日に限り無料で展覧会を見学いただけます