東北福祉大学通信制大学院

教育研究上の目的・教育目標

社会福祉学専攻

教育研究上の目的

 本学の建学の精神である「行学一如」を基盤とし、「自利利他円満」を教育の理念として、高度な研究倫理観と卓越した専門知識・技術を有する研究者や実践者の養成を目的としています。

教育目標

 社会福祉に関連する分野についての理論、制度・政策、実践を全般的に修学します。

福祉心理学専攻

教育研究上の目的

 福祉心理学を基礎として、心理学に関する基礎的な素養を身につけ、広義の社会福祉に寄与する人材養成、すなわち人間が社会生活を営む中で直面する諸課題に対して科学的に追求しその解決に取り組むことができるよう援助する人材の養成を目指しています。修了後は、発達領域、教育領域、司法領域、産業領域での福祉に寄与する高度の専門家となることを目標としています。

教育目標

 本学の建学の精神である「行学一如」を基盤とし、心理学に関する高度な知識と技術を学び、個人から社会の広義の福祉に幅広い心理学的知見を持ち、心理的援助・実践ができる人材育成をめざしています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

社会福祉学専攻

1)求める学生像

 社会福祉に関連する学問分野において必要と思われる基本的な専門知識を修得していて、社会福祉に関連する諸問題を解決するための研究力あるいは実践力を修得することに意欲を持っている方を受け入れます。主たる対象を社会人として、通信教育の学修方法を理解し、上記に合致した方の入学を期待しています。

2)入学前に培うことを求める力

  1. 研究と実践を進めるために必要な知識・技法と論理的思考、判断力を培うことを求めます。
  2. 合理的、論理的思考力、判断力そして表現力等を培うことを求めます。

3)評価の方法

 「求める学生像」に適い、「入学前に培うことを求める力」を備えている人材かどうかをみるために、次の評価の方法を用います。

  1. 出願書類、専門科目についての筆記試験、口述試問(面接)により、総合的に評価します。
  2. 特別な支援を必要とする方については、「受験(修学)配慮希望申請書」の提出により入試に支障なく取り組むことができるように、配慮します。

4)入学前に学修することを期待される内容

  1. 社会福祉学に関するそれぞれの研究対象領域の基礎的知識と今後の研究を進めていく上で必要な研究法、統計法を学修しておくことを期待します。
  2. 学際的な知識の修得のために必要な基礎的英語能力を学修しておくことを期待しています。

福祉心理学専攻

1)求める学生像

  1. 一人ひとりの人権や尊厳を重んずる人間理解を基に福祉心理学専攻の専門領域に強い関心を持ち、これらの領域において研究、実践を行う明確な意志を持っている方。
  2. 心理学の専門的知識・技法を偏りなく幅広く修得する意欲のある方。
  3. 合理的、論理的な思考力、判断力、表現力等の能力のある方。
  4. 主体性を持ちながら多様な人々と協働して研究と実践ができる方。

 なお、主たる対象を社会人として通信教育の学修方法を理解し、上記に合致した方の入学を期待しています。

2)入学前に培うことを求める力

  1. 福祉心理学専攻の研究と実践を進めるために必要な知識・技法と論理的思考、判断力を培うことを求めます。
  2. 合理的、論理的思考力、判断力そして表現力等を培うことを求めます。
  3. 人間関係において主体性を持ちながら他者を尊重し、共感性を持って接し、協働できる力を培うことを求めます。

3)評価の方法

  1. 上記の人材を選抜するために、入学試験を実施します。志望理由書と研究計画書等の書類の提出を求め、上記2)の項目(1)~(2)を評価します。専門科目についての筆記試験を行い、上記2)の項目(1)を評価します。口述試験を行い、上記2)の項目(3)を評価します。
  2. 特別な支援を必要とする方については、「受験(修学)配慮希望申請書」の提出により入試に支障なく取り組むことができるように、配慮します。

4)入学前に学修することを期待される内容

  1. 心理学に関するそれぞれの研究対象領域の基礎的知識と今後の研究を進めていく上で必要な心理学研究法、心理学統計法を学修しておくことを期待します。
  2. 学際的な知識の修得のために必要な基礎的英語能力を学修しておくことを期待します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

社会福祉学専攻

1.学生が身に付けるべき資質・能力の目標

社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得している。

2.学位授与の要件

 所定の科目を履修し、かつ社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得したと評価するに値する成果(修士論文)を提出できた人に修士の学位を授与します。

福祉心理学専攻

1.学生が身に付けるべき資質・能力の目標

  1. 応用心理学全般の基礎的素養と発達心理学および臨床心理学に関する専門的知識・技法を習得している。
  2. 心理学に関する研究課題を自ら設定し、専門的知識や技法を用いて、心理学研究法の方法を使い研究をすることができる。
  3. 社会や各種職域の変化や要請に対して福祉・心理・社会の多次元に渡る広い視点を持って対応することができる。
  4. 心理学の専門的知識、心理学的実践活動、そして心理学研究の3領域を互換的に総合することができる。
  5. こころの健康の援助、家族関係の援助、社会福祉の援助、発達援助、地域活動の援助、災害・被害への援助、心理的・社会的適応の支援などを実践できる。

2.学位授与の要件

教育目標を理解し、必修科目および修士論文を含む30単位以上を修得すること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会福祉学専攻

1.教育課程編成

 社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得すること及び学生の研究テーマに対応する個別指導を教育課程の編成方針としています。

2.学修方法・学修過程

 社会福祉の理論、制度・政策、実践についてオーソドックスな修得を目的とし、応用領域では、現代社会の福祉問題の解決に取り組める研究及び実践的な力量の修得を目指します。
 また、法令により認められた「印刷教材による授業」を取り入れ、主として社会人である大学院生が学修しやすい環境を整えています。

1)印刷教材による授業

 科目により指定された教科書を配本しますので、それを『科目別ガイドブック』に記載された「在宅学習のポイント」にもとづいて読んでいく学修方法です。参考文献での学びも推奨されます。
 学んだ成果を確認するために、『科目別ガイドブック』に記載された課題についてのレポートを提出することが必要です。レポート作成の過程を通じて、深い専門性、思考力や根拠に基づく情報発信力を身につけることができます。担当教員はレポートの添削指導を行い学生に返却しますので、自身の理解の度合いを把握し、さらなる研究につなげることが可能です。

2)面接授業(スクーリング)

 演習科目では教員と直接対面して授業を受ける面接授業が必須となります。院生間、院生と教員間でディスカッションをし、課題の理解や課題解決力を深めていきます。

3)研究指導・修士論文指導

 実証的、論理的な研究を進め、質の高い修士論文を完成するため、院生1名につき指導教員を定め、テーマの選定や実証方法・分析方法の選択、論文構成や内容等に関して、綿密な指導を行います。修士論文執筆の過程では、最低限面接指導3回以上、通信指導2回以上を必須としています。進捗状況を確認するための「中間レジュメ」は、院生同士で共有され、相互に刺激を受けることを可能にしています。

4)研究倫理教育

 レポート、修士論文作成に関して、守秘義務や個人情報の保護等の重要性を指導しています。また、引用文献・参考文献の明示を行い、剽窃のないように作成することを指導しています。調査に関しては、個人情報の保護、個人を特定できないこと、調査を拒否できる権利があること等を被験者に理解しやすいインフォームド・コンセント能力を高めるように指導しています。日本学術振興会の「研究倫理eラーニングコース」等により研究倫理の基本を学修します。

3.学修成果の評価の在り方

教員と学生自身によって評価されます。

  1. 教員による評価では、受け身の学修でなく、自らレポート課題、研究課題を設定し、主体的に課題解決に取り組むことを求めています。課題選択のレベル、成果までの過程の分析や結果について、合理的、実証的にまとめているかを評価しています。
  2. 学生による評価は、学位授与の方針の達成度を自身で確認します。

福祉心理学専攻

1.教育課程編成

現代社会が複雑化していく中で、個人が自由で円滑な日常生活を送ることが難しくなっており、社会・労働組織もストレスフルな状況に陥る傾向にあります。このような現実に、福祉心理学を基礎として個人および社会の広義の福祉を実現するため福祉心理学的知見を活用し、こころの健康の回復、維持、促進する専門家を育成すべく、人間が置かれている心理的状況や環境に応じて、心理学的アプローチを図る力を身につけるための科目編成をしています。

2.学修方法・学修過程

 法令により認められた「印刷教材による授業」を取り入れ、主として社会人である大学院生が学修しやすい環境を整えています。

1)印刷教材による授業

 科目により指定された教科書を配本しますので、それを『科目別ガイドブック』に記載された「在宅学習のポイント」にもとづいて読んでいく学修方法です。参考文献での学びも推奨されます。
 学んだ成果を確認するために、『科目別ガイドブック』に記載された課題についてのレポートを提出することが必要です。レポート作成の過程を通じて、深い専門性、思考力や根拠に基づく情報発信力を身につけることができます。担当教員はレポートの添削指導を行い学生に返却しますので、自身の理解の度合いを把握し、さらなる研究につなげることが可能です。

2)面接授業(スクーリング)

 演習科目では教員と直接対面して授業を受ける面接授業が必須となります。院生間、院生と教員間でディスカッションをし、課題の理解を深めていきます。
 研究法について学ぶ講義科目でも面接授業が必須となります。大学院レベルで求められる心理学の研究方法の技能を修得します。

3)研究指導・修士論文指導

 実証的、論理的な研究を進め、質の高い修士論文を完成するため、院生1名につき指導教員を定め、テーマの選定や実証方法・分析方法の選択、論文構成や内容等に関して、綿密な指導を行います。修士論文執筆の過程では、最低限面接指導3回以上、通信指導2回以上を必須としています。進捗状況を確認するための「中間レジュメ」は、院生同士で共有され、相互に刺激を受けることを可能にしています。

4)研究倫理教育

 レポート、修士論文作成に関して、守秘義務や個人情報の保護等の重要性を指導しています。また、引用文献・参考文献の明示を行い、剽窃のないように作成することを指導しています。調査に関しては、個人情報の保護、個人を特定できないこと、調査を拒否できる権利があること等を被験者に理解しやすいインフォームド・コンセント能力を高めるように指導しています。日本学術振興会の「研究倫理eラーニングコース」等により研究倫理の基本を学修します。

3.学修成果の評価の在り方

教員と学生自身によって評価されます。

  1. 教員による評価では、受け身の学修でなく、自らレポート課題、研究課題を設定し、主体的に課題解決に取り組むことを求めています。課題選択のレベル、成果までの過程の分析や結果について、合理的、実証的にまとめているかを評価しています。
  2. 学生による評価は、学位授与の方針の達成度を自身で確認します。

東北福祉大学の個人情報保護に関する基本方針(抄)

 東北福祉大学は、個人情報保護の重要性を深く認識し、以下の方針に基づき、個人情報保護法(2003年法律第59号)を適正かつ確実に執行し、もって本学の保有する個人情報の保護に努めます。
1.個人情報の取得について

本学は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

2.個人情報の利用および提供について
  1. 本学は、個人情報の利用目的をできる限り特定し、機関誌やホームページ等で公表します。
  2. 本学は、法令に基づく場合や事前に本人の同意を得た場合を除き、利用目的以外の目的のために個人情報を利用し、または第三者に提供することはしません。
  3. 本学は、個人情報の取り扱いを業務委託する場合には、他に漏えいしないよう適正な監督を実施します。
3.個人情報の管理について
  1. 本学は、個人情報の紛失、改ざんおよび漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適切なセキュリティー対策を講じます。
  2. 本学は、個人情報の正確性を保ちます。
4.利用目的通知・開示・訂正・利用停止について

 本学は、個人情報主体が自己の個人情報について、利用目的通知、開示、訂正および利用停止を求める権利を有していることを確認し、これらの請求がある場合には、迅速かつ適切に対応します。

5.組織・体制
  1. 本学は、個人情報管理責任者と個人情報管理者を置き、教職員その他の事業者に対し、個人情報の適切な取り扱いに関し必要とされる教育、研修等を実施します。
  2. 本学は、個人情報保護委員会を設け、個人情報の取り扱いに関する重要事項を審議し、また、開示等の請求に対する不服申立てについて適切に対応します。
6.本方針の実施・改善等

 本学はこの方針を実施するための個人情報保護規程等を定め、教職員その他の従業者に周知徹底させます。また、改善すべき点があれば、今後とも適切に応対していきます。

7.個人情報の問い合わせ窓口

 本学の個人情報の取り扱いについてご不明な点やご質問がありましたら、本学総務局総務課までご連絡ください。内容等により、当該情報を所管する管理者に接続させていただきます。

東北福祉大学総務局総務課
TEL 022-717-3311

募集要項請求時にお知らせいただいた個人情報の利用目的について

 募集要項請求時にお知らせいただいた個人情報は、大学案内・募集要項の送付や入学説明会のご案内以外の目的に利用することは一切ありません。

出願時にお知らせいただいた個人情報の利用目的について

 入学志願書に記載された皆様の個人情報は、入学選考や入学許可証・副教材などの発送、初年度納付金の請求など入学受付・許可業務に必要な範囲でのみ利用いたします。初年度納付金の請求にあたっては、一部の業務の外部委託を行っていますが、個人情報の管理については適正な監督を実施いたします。また、個人が特定できない統計的なデータとして、今後の本学の学生募集・教育活動の改善に利用させていただく場合があります。
 入学許可後初年度納付金を納入され学生になられた皆様やその保証人の皆様の個人情報は、入学後の大学からのお知らせや学籍・成績管理、学習支援・相談、進路支援・相談、学納金請求、学割・証明書発行、学校行事参加時の緊急連絡など学生の教育と安全管理のために必要な範囲でのみ利用いたします。