東北福祉大学硬式野球部 東北福祉大学硬式野球部

リーグ戦75回目の優勝!!

令和4年度春季リーグ戦第7節 仙台大学戦

第7節第3戦、先発マウンドに上がり8回無失点の好投で勝利を手繰り寄せた坂根佑真(4年・天理)

5月21日、5月23日、5月24日に第7節仙台大学戦が行われ、1回戦1-3、2回戦6-2、3回戦3-0で2勝1敗、通算10勝2敗で勝ち点5。リーグ戦75回目の優勝を果たしました。

優勝が決まる最終節の先発を任されたのは坂根佑真(4年・天理)。初回、味方のエラーから出塁を許し一死2塁とされます。続く打者に高めに入った変化球をレフト前に運ばれ先制を許します。
1点を追う6回、二死から3番杉澤龍(4年・東北)が相手投手の高めに浮いた変化球を逃さずそのままスタンドイン。同点とします。しかし続く7回に4回から登板している磯上航希(3年・日本大学東北)が四球からピンチを招きます。ここで柴崎倭(4年・柴田)がリリーフします。しかし1ストライク2ボールのからの4球目、甘く入った速球を捉えられ走者一掃のスリーベース。2点差とされます。
その後福祉大打線も好機を作りますが勝負所での一本が出ず、1-3で大事な初戦を落としてしまいます。
 

2回戦、先発は今リーグ防御率0.00と絶好調の細川拓哉(4年・明秀学園日立)が登板します。細川は3回に二死から味方のエラーで出塁を許すと仙台大2.3番に連続二塁打を浴び今リーグ初の失点を許します。
続く4回、無死1塁から今日は5番に座った甲斐生海(4年・九州国際大学付属)が真ん中に来た速球を逆方向レフトスタンドまで運び、ツーランホームランで逆転します。続く5回にも本塁打が飛び出します。4番戸高誠也(4年・九州国際大学付属)が二死から高めの直球を捉えツーランホームラン。3点差とします。勢いそのままに6回、この回先頭の竹中研人(3年・駒澤大学附属苫小牧)もライトスタンドに飛び込むソロホームランと3本のホームランで4点差とし仙台大学を突き放します。
投手陣は7回から北畑玲央(3年・佐久長聖)、9回には堀越啓太(1年・花咲徳栄)の2人が無失点で締めくくり第3戦に繋ぎました。
 

11敗で迎えた第3戦。勝てば優勝が決まる試合を任されたのは1戦目に続き坂根。初回、二つの四球から一死1.2塁のピンチを招きますが4.5番を連続三振に取りピンチを脱します。
打線はその裏、先頭の1番山路将太郎(2年・鶴岡東)が内野安打で出塁すると犠打で12塁とチャンス拡大。ここまで打率.568と絶好調の杉澤が打席に入ると3球目甘く入った直球をライトスタンドへ運び先制ツーランホームラン。勝利を手繰り寄せます。続く4回にも21.3塁から守備でも好プレーが光る西村彰浩(2年・聖望学園)が決死の内野安打で1点を追加で中押し点とします。
先発の坂根は82/3回を投げ149球、無失点の熱投を見せ最後のアウトを堀越に託します。後を任された堀越は最後の一人をセンターフライに抑え試合終了。
リーグ戦は75回目の優勝を果たしました。

今リーグも温かいご声援ありがとうございました。66日より開幕します、第71回全日本大学野球選手権大会に仙台六大学野球連盟代表として出場いたします。全日本大学野球選手権大会もご声援よろしくお願いいたします。


~全日本大学野球選手権大会試合日程~

令和467日 対九州共立大学 9:00試合開始 明治神宮野球場

 




試合詳細

リーグ戦情報

リーグ戦に関する情報は、仙台六大学野球連盟のホームページで詳細がご覧になれます。

仙台六大学野球連盟はこちら