東北福祉大学陸上競技部

2018.04.10 (tue)
大会リザルトを更新しました。

第21回日本学生ハーフマラソン選手権大会のご報告

初のハーフマラソンで準優勝した須藤選手(中央)

3月18日(日)、島根県松江市まつえレディースハーフマラソンコースにて第21回日本学生女子ハーフマラソンが開催されました。
本学からは須藤ひかる(1年)古川恵里(2年)が参加しました。
古川は足の状態が思わしく無く途中棄権という形になりましたが、須藤が全国の強豪大のエースクラスの選手とトップレベルの競り合いを繰り広げた後、2位という結果を残しました。

以下、出場選手と記録です。

【第21回日本学生女子ハーフマラソン選手権大会】
 優勝:水口瞳(3年 大阪学院大学)1時間12分34秒
◎準優勝:須藤ひかる(1年)1時間12分41秒【初ハーフ】
東北学生新記録!!
※東北学生記録保持者である本学OG鈴木澄子さんの1時間15分03秒を2分24秒更新!

 3位:小汲紋加(1年 玉川大学)1時間12分43秒
 途中棄権:古川恵里(2年)

更新内容
3月19日:トップページを更新しました。

大会情報

大会に関する情報はこちらからも確認ができます。

東北学生陸上競技連盟はこちら

全日本大学女子駅伝における成績の推移

近年の全日本大学女子駅伝における本学と上位チームの順位・タイム差の推移をまとめています。

Excelファイル