東北福祉大学 通信教育部

  • 東北福祉大学HOME
  • 通信教育HOME
  • 請求フォーム
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

通信教育部Q&A
─よくお問合せいただく質問・回答─

入学後の学習について

しばらく勉強から離れていたため,入学しても学習が続けていけるか不安です。

 入学後すぐは自宅学習となるため,軌道にのるまでは時間がかかる方もいらっしゃいます。しかし,「スクーリング」に参加して,先生の講義を直接聞くと,科目の内容について理解が深まり,レポートも書き進めることができるようになります。入学後には,学習の進め方,レポートの書き方を説明するガイダンスも各地で実施されます。
 また,「スクーリング」の際には,学生交流会を行っています。そのような場を利用して,知り合いをつくると,その後の情報交換などもできて,学習のはげみになるようです。地域によっては,学生が自主的に立ち上げた学生会があり,学生同士の情報交換や勉強会が行われています。本学通信教育部のホームページにある学生掲示板でも情報交換が行われています。通信教育部にはさまざまな世代,職業の学生がいます。いろいろな人との交流を通して,ご自身の学習に役立ててください。

通信教育の学習を円滑に進めるコツは何ですか。

 通信教育での学習は,主に(1)レポート,(2)科目修了試験,(3)スクーリングの3つで成り立っています。学習を円滑に進めるコツは,第一に教科書を読みレポートを書く学習時間をつくることです。最短修業年限(1年次入学者は4年,3年次編入学は2年)での卒業をめざすためには,1週間に平均15〜25時間の学習時間を積み重ねていくことが必要になります。学生の方は,自宅や図書館,喫茶店などや,通勤時間,職場の休憩時間などにも本を開いておられるようです。毎日1〜2時間でも学習の時間をつくる習慣をつけた方が効果的です。
 ただし,通信教育部の場合は,1年めに単位がとれなければ2年めにその科目を継続して学習できますので,勤務や家庭の事情に合わせて,ご自身のペースで学習を続けていくことができます。

このページの先頭へ