東北福祉大学 通信教育部

  • 東北福祉大学HOME
  • 通信教育HOME
  • 請求フォーム
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

新しい福祉社会のために開かれた「学び」の場学長 大谷 哲夫

学長 大谷 哲夫 東北福祉大学は、これまで日本の福祉を担う数多くの人材を社会に送り出してきました。その実績をもとに、21世紀の新たな福祉社会の実現に寄与するため、2002年4月より通信教育部を開設しています。
 働きながら社会福祉や心理学などをより専門的に学んでみたいとの意欲をお持ちの方々、大学卒業をめざす方々、さらには福祉の職場に勤務しながら国家資格を取得したいと考える方々に、新たな学問研究の場を提供します。
 通信教育部ではさまざまな方が学んでいます。互いに切磋琢磨し、刺激しあう姿を見るにつけ、学問の歓びをあらためて感じさせられます。
 福祉系大学としては東北唯一の通信教育部であり、質の高い専門職の養成のみならず、広く社会に開かれた学習の場を提供する高等教育機関として、社会の大きな期待を集めています。福祉の学問に、そして広く人間の学問に関心のある方々が本学の門をたたかれることを期待します。

福祉の力で、日本を元気に。通信教育部長 寺下  明

通信教育部長 寺下 明 本学は、実践は学問にもとづき、学問は実践を前提にするということ(行学一如)を建学の精神としてまいりました。理論と実践との融合、学ぶことと実践とはつねに一体でありたい、という願いが込められています。このような理念から、本学通信教育部は、よりよい福祉社会実現のため、大学を社会に開放し、社会人の知的再構築やキャリア・ディベロップメントに資することを目的に創設されました。時代や社会は大きく変化しています。社会全体が、高度情報化、知識社会へ向けて移行し、さまざまな資格や免許取得のために、大学通信教育への期待が、いっそう高まっています。
 本学通信教育部では、福祉・心理の学問領域を中心に、自ら学び、自らの能力を高め、自己実現を目指そうとする皆さんが、通常の対面式のスクーリングや会場での科目修了試験に加えて、Web上でのオンデマンド・スクーリングなど、いつでも、どこでも、自由に学習機会を選択して学ぶことができます。2015年度より仙台駅東口に新キャンパスも開設され、多くの方にとってスクーリングに通いやすく利便性が高まりました。向学心に燃え、知的好奇心旺盛な皆さんの入学を歓迎するとともに、さらに、きめ細やかな学習支援をめざすことをお約束いたします。

通信教育部 アドミッション・ポリシー

本学通信教育部では、下記のように学部・学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めております。また、入学にあたって筆記試験はありません。

総合福祉学部 通信教育部

本学の建学の精神は「行学一如」です。そこにあるのは「理論知」と「実践知」の調和です。アドミッション・ポリシーとして「理論」と「実践」に対応しうる能力、意欲、適性、社会的経験などを提示します。また、通信教育部では、生涯教育機関として幅広い年齢層の方々の入学を希望します。在宅での学習が中心となる通信教育での学習方法を理解し継続する意思、学ぶ意思を確認するために、志望理由書などを含む書類選考を実施します。

●社会福祉学科
    (ア)求める学生像
    社会福祉学科では、次のような学生を求めています。
    • (1) 主体性を持って人々とともに学ぶ意欲をもった人
    • (2) 社会福祉学を学び、人々の幸せや福祉に貢献したい人
    通信教育部では、幅広い年齢層を対象に学修機会を提供する生涯学習機関として、通信教育の学修方法を理解し、社会福祉学を学び実践にいかしたいという意欲をもっている方の入学を期待しています。
    (イ)入学前に培うことを求める力
    入学前に次に挙げる力を培ってきた人を求めます。
  1. 1.知識・技能
    • (1) 読解力、基本的な文章作成能力を有する
    • (2) 高等学校までの履修内容について、総合的に身につけている
  2. 2.思考力・判断力・表現力等の能力
    • (3) 思考力:ものごとを筋道立てて考えることができる
    • (4) 判断力:ものごとを正確に認識し、見解を明らかにすることができる
    • (5) 表現力:テーマについて調べ、わかったことや気づいたことを他者に伝えることができる
  3. 3.主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • (6) 主体性:自分の目標をもって意欲的に学ぶことができる
    • (7) 多様性:他者を尊重することができる
    • (8) 協働性:他者と協力して課題に取り組むことができる
(ウ)評価方法
社会福祉学を学び人々の幸せや福祉に貢献したいという意欲、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を確認するために、「志望理由書」の提出を求め、その他の必要書類とともに書類選考を実施します。
●福祉心理学科
    (ア)求める学生像
    福祉心理学科では心理学の知識と技能を備え、それらを人々の幸せや福祉のために生かすことのできる力、すなわち心理実践力を高めます。そのために、次のような学生を求めています。
    • (1) 主体性を持って人々とともに学ぶ意欲をもった人
    • (2) 心理学を学び、人々の幸せや福祉に貢献したい人
    通信教育部では、幅広い年齢層を対象に学修機会を提供する生涯学習機関として、通信教育の学修方法を理解し、心理学を学びたいという意欲をもっている方の入学を期待しています。
    (イ)入学前に培うことを求める力
    入学前に次に挙げる力を培ってきた人を求めます。
      1.知識・技能
    • (1) 読解力、基本的な文章作成能力を有する
    • (2) 高等学校までの履修内容について、総合的に身につけている
      2.思考力・判断力・表現力等の能力
    • (3) 思考力:ものごとを筋道立てて考えることができる
    • (4) 判断力:ものごとを正確に認識し、見解を明らかにすることができる
    • (5) 表現力:テーマについて調べ、わかったことや気づいたことを他者に伝えることができる
      3.主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • (6) 主体性:自分の目標をもって意欲的に学ぶことができる
    • (7) 多様性:他者を尊重することができる
    • (8) 協働性:他者と協力して課題に取り組むことができる
    (ウ)評価方法
    心理学を学び人々の幸せや福祉に貢献したいという意欲、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を確認するために、「志望理由書」の提出を求め、その他の必要書類とともに書類選考を実施します。

取得できる主な資格・免許状

  • 大学卒業(学士の学位)
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 認定心理士
  • 幼稚園教諭免許状・保育士資格取得の特例講座 など

願書受付期間

4月生/2017(H29)年1月5日(木)▶ 4月15日(土)必着
10月生/2017(H29)年7月1日(土)▶10月15日(日)

問い合わせ先

東北福祉大学 通信教育部
〒983-8511 仙台市宮城野区榴岡2丁目5-26 仙台駅東口キャンパス
TEL 022-233-2211 FAX 022-233-2212
https://www.tfu.ac.jp/
E-Mail : tsukyo@tfu-mail.tfu.ac.jp
来校の場合は「所在地」参照

このページの先頭へ