総合福祉学部

学科紹介

学部長メッセージ

「福祉のこころ」を学び、社会で、故郷で活躍できる人に。

綜合福祉学部 学部長 塩村 公子
綜合福祉学部 学部長 塩村 公子
総合福祉学部には、3つの学科があります。ひと口に福祉といってもその領域は広く、さまざまな領域に関連しているので、学科を3つに分け、みなさんに幅広く学んでほしいと考えています。

1つは、福祉のサービスを実際に人々に届ける社会福祉学科、1つは、人と人との心の交流をてこに人びとに働きかけるという福祉心理学科、1つは、福祉の根幹、政策をつくったり、それを運営したりという福祉行政学科です。

この3学科で総合的に福祉に貢献する人材を育成していきますが、ここで何より大事にしたいのは、福祉で他の方たちに貢献したいというみなさんの意欲を大切に育てていくということです。「人のために」を実践するには、その本人自身が成長することが第一であり、われわれとしては、人としてどう育ってもらうかということを基本においています。

福祉は多様性がありすぎて道に迷い、自分はどこで何をしたいかわからなくなってしまうこともあるかもしれませんが、せっかく大学に入ったのですから、今までの幅をちょっと広げて「道に迷ってほしい」という気持ちもあります。

学生は卒業後は地元に帰って地域の福祉分野に貢献したいという人も多いですが、たとえ福祉に直結していない分野に就職しても、本学部学科で学んだ「福祉のこころ」はきっと生き方や仕事に役立つに違いありません。みなさん一人ひとりの「福祉のこころ」を未来につなげる道を一緒に歩いていきたいと思います。

教育研究上の目的

多角的視野から教育・研究に取り組み、知識、技術、社会的実践力を錬磨し、福祉社会の実現に資する人材の育成を目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

広く人びとの幸せや福祉の向上に貢献したい人。各学科の教育・研究目的に共鳴し、主体性をもって人びととともに学ぶ意欲を持った人。各学科の教育内容を学修するのに十分な基礎学力、共感力、コミュニケーション能力、論理的思考力を備え、実践に生かす意欲を持った人。多様な文化を理解し共存できる柔軟性を持った人。

入学前に培うことを求める力

高等学校までの履修内容を文系・理系を問わず幅広く総合的に身に付けている。他者への共感性をもち、他者とのコミュニケーションを円滑にとれる。社会問題に関心を持ち、それらを他者とともに多角的に議論・検討し、共同して課題解決に取り組むことができる。文章を文法・論理性に則って作成することができる。

評価の方法

面接/書類審査(志望理由書・活動報告書・調査書・推薦書・業績書など)/学力検査/レポート/プリゼンテーション/デイスカッション/グループ活動/小論文/科目試験/体験実習など、学科の教育内容と入試カテゴリーにより適宜組み合わせて評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程編成

初年時教育、専門教育を踏まえて高学年になるにしたがい、総合的、かつ、専門的な内容を深化させます。同時に、キャリア教育を行い、実践と理論の双方向の結びつきの中で、専門的な内容を深化させます。なお、入学前教育において、上記「入学前に培うことを求める力」の達成を支援します。

学修方法・学修課程

少人数クラスの中で、能動的な学修を取り入れた教育を行なう。参加型・集団活用・問題解決・プロジェクト型・課題学修など、多様な形態を工夫し、主体的学びを進めます。ITを活用し学生と教員の双方向コミュニケーションにより、学修効果を上げます。学修ポートフォリオを活用し学生自身による学修成果のモニタリングと課題設定を可能にします。

学修成果の評価の在り方

ルーブリックによる総合的評価。各教科におけるデイスカッションへの参加、報告/発表、レポート、筆記試験。

キャリア教育

実習・実学・インターンシップなどを活用し、実践と理論の関連づけの中で、学生個々の進路/職業選択の機会を提供します。同時に、社会に通用する課題解決能力を養います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

身につけるべき資質/能力の目標

社会における諸課題を理解する為の基礎的知識をもとに課題を分析/説明し、他者と共に課題解決に取り組むことができる。そのための、文章作成能力、ICT活用技術、統計知識、論理的思考力、問題発見・問題解決能力、他者への共感性、コミュニケーション能力が十分備わっている。高い倫理観を持ち社会的責任を果たす意志のもとに社会の中でリーダーシップを発揮し、身の回りから国際社会まで、人びとの幸せや地域の福祉の向上に寄与することができる。

学位授与の要件

各学科の必要単位数、必修科目要件、GPA要件を満たすこと。各学科の教育目標が定める知識・技術を修得し、上記の能力を備えた者に各学位を授与します。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
リハビリテーション学科の教育方針
保健看護学科の教育方針
医療経営管理学科の教育方針
健康科学部
大学院 教育学研究科 教育学専攻の教育方針
大学院教育学研究科の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科の教育方針
全学科共通教育(初年時、総合基礎、特色ある教育、キャリア)及び多様な学生の支援
教育学科の教育方針
教育学部
東北福祉大学の教育方針
情報福祉マネジメント学科の教育方針
産業福祉マネジメント学科の教育方針
総合マネジメント学部
社会福祉学科の教育方針
福祉心理学科の教育方針
福祉行政学科の教育方針
総合福祉学部
障がいのある学生の受け入れ方針