健康科学部

学科紹介

学部長メッセージ

新時代を開く保健・医療・福祉専門職の養成をめざして。

健康科学部 学部長 松江 克彦
健康科学部 学部長 松江 克彦
人間の幸福な生活の基礎が健康にあることは、言うまでもありません。医学の進歩は人間の長寿を実現してきましたが、医療現場では医療倫理、尊厳死の問題など多くの難題を抱えています。すでに超高齢社会となっている我が国では、高齢者医療のあり方が大きな問題になっています。このような状況において、福祉と医療の融合がますます大きな課題となってきました。

高齢社会から超高齢社会への移行期であった2006年に健康科学部保健看護学科が創設され、2008年にはリハビリテーション学科、医療経営管理学科が加わり、健康科学部も3学科となりました。いずれも21世紀において我が国が直面している医療の問題を、保健と医療、さらに福祉を含めた3領域の融合を成し遂げることで解決することをめざしています。

本学部は、東北福祉大学が掲げてきた理念である「行学一如」、すなわち「理論と実践の融合」の考えのもと、専門的な知識と技術を身に付け、豊かな人間性と高い倫理性に裏付けられた感性を培いながら、人間を総合的に判断し、適切に支援できる人材を育成することが役割だと考えています。本学部から、保健・医療・福祉を支える新たな専門職が養成され、新しい時代を開くプロフェッショナルになることを期待しています。

教育研究上の目的

ヒューマニティやノーマライゼーションを基本に、人間を全人的に捉え、「生命の尊重」「人としての尊厳」を基盤にもつ人材を育成することを目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

健康科学部は、医学・医療について関心をもち、自らの人間性、社会性、創造性を高め、本学の建学の精神「行学一如」に則り、保健・医療・福祉の領域における専門的知識と実践能力を身に付けることで社会貢献をめざす人材を求めます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

充実した総合基礎科目とリエゾンゼミによる人間性、社会性、倫理性の涵養を図り、医学・医療にかかわる基礎知識から専門的知識への学びの展開を行い、技術の修得と実践力向上のための豊富な現場実習への融合を行えるようにします。さらに、課題研究などを設けて、応用的思考や創造力の養成を行います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会人としての一般教養と汎用的能力、人間性、倫理性を身に付け、保健・医療・福祉の専門職にふさわしい知識と実践力を備え、卒業に必要な所定の単位を修得した者に学位を授与します。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
リハビリテーション学科の教育方針
保健看護学科の教育方針
医療経営管理学科の教育方針
健康科学部
大学院 教育学研究科 教育学専攻の教育方針
大学院教育学研究科の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科の教育方針
全学科共通教育(初年時、総合基礎、特色ある教育、キャリア)及び多様な学生の支援
教育学科の教育方針
教育学部
東北福祉大学の教育方針
情報福祉マネジメント学科の教育方針
産業福祉マネジメント学科の教育方針
総合マネジメント学部
社会福祉学科の教育方針
福祉心理学科の教育方針
福祉行政学科の教育方針
総合福祉学部