入試問題解説(総合型選抜)

コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ

問題はすべて3択問題で、文法や単語の意味、イディオム文章などを問います。単語のレベルは主に中学・高校の必須単語ですが、授業に出てくる単語はすべて覚えると同時に単語帳も活用して語彙力をつけてください。高校英文法を一通りおさらいし、基本的な構文や会話表現などを復習しておくと良いでしょう。また、教科書の音読は理解や記憶を助けてくれるものです。普段の勉強でも音読をお勧めします。

国語総合(古典を除く)・現代文B

評論文をベースとし、総字数3,500字程度を限度とした文章など(複数資料、実用的文章、図表などが含まれる場合もあります)を1題出題します。設問は5~7問程度で、重要表現の抜き出しや理由説明などの読解力を問う問題のほか、80〜150字程度で論理的思考力・判断力・表現力を問うものも1題出題します。また漢字の書き取りや読み(常用漢字の書き取りおよび常用外漢字の読み)も出題します。

生物基礎(健康科学部 保健看護学科)

出題の範囲は「生物基礎」のうち、「生物の特徴」、「遺伝子とそのはたらき」および「生物の体内環境の維持」とします。設問形式は空欄に適切な語句を入れる問題、図やグラフの理解を問う問題、選択肢から適切な解答を選ぶ問題など多様です。出題範囲が限定されていますので、教科書の内容を深く理解しておくようにしましょう。

生物基礎(健康科学部 リハビリテーション学科)

リハビリテーション学科では専門知識の基礎として、解剖学や生理学・運動学といった専門基幹科目の理解がとても重要です。生物の知識はこの専門基幹科目を学ぶためには必要な知識となります。受験時の学習では単語の暗記にとどまらず、設問内容から、適切な名称を推察できるよう、教科書をしっかりと読んで理解を深めてください。標準的な入試問題を解くなどして知識の定着をはかるとよいでしょう。