東北福祉大学のキャリア教育

リエゾン型キャリア教育・キャリア支援

東北福祉大学のキャリア教育は、自らかかわる(主体性)、自ら考え・気付く(課題発見能力など)、自らアクションを起こす力(実行力)の3つの能力を培うことを目標にしています。
そこで本学ではリエゾン型キャリア教育を実施しています。キーワードは、「リエゾン(結びつき・つながり)」です。
1年次から4年次まで連続性をもって進んでいくのが「縦のリエゾン」です。課外活動や学外でのさまざまな実践活動が「横のリエゾン」です。
さらに、学生の就業力(答えを探す・見つける力)を育成するのが「就業力育成のためのリエゾン(キャリアセンターの各種支援講座・就職セミナー・ガイダンスや外部機関と連携)」です。そして、これらのリエゾンが複合型リエゾンとして結びついたものが、本学のリエゾン型キャリア教育です。

また、リエゾン型キャリア教育に加え大学入学直後の学生も対象に初年次教育の一環として早期の段階から「働くことの意味や価値」「仕事を通した生きがいづくり」について触れていく点にも特徴があります。 

単位制就労実習(インターンシップ)

※今年度より「単位制インターンシップ」から「単位制就労実習」へ名称変更しております。

本学の大学仲介型インターンシップ(単位制就労実習)は、大学が提携するさまざまな企業・団体等に学生を派遣するもので、大学が責任をもって指導しサポートを行っています。さまざまな媒体を通して応募参加する、主に企業が企画するインターンシップとは違い、大学のキャリア教育の一つとして行う実習です。現場での学びが単なる職場体験で終わることがないよう、就労実習前後の学修を丁寧に行っています。

自分の将来を見据えてスキルアップしたいという人はもちろん、まだ将来の方向性が不明確な人や自信がもてない人にとっても、職業について、人生について考えを巡らせるきっかけとなるはずです。キャリア教育推進を目的に1年次から4年次までつながるリエゾン型キャリア教育として位置付けられています。

TFUパートナーズ事業所様との連携による就労実習(インターンシップ)

本学では、企業・団体等の事業所の皆様にTFUパートナーズにご加入いただき、ご協力のもと、就労実習(インターンシップ)を行っております。連携を取りながら、学生のより実践的な職業選択や社会人基礎力の育成を支援します。

また、双方が出会える機会を増やすことで、地元事業所の魅力に気づき、学生の視野を広げ、自己成長にもつながると考えています。 

この記事に関するお問い合わせ

キャリアセンター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1 国見キャンパス1号館B1
TEL:022-717-3316
FAX:022-717-3336
E-Mail:syusyoku@tfu-mail.tfu.ac.jp