診療情報管理士資格

こんな仕事

医療機関において、診療記録や病歴などを患者ごとに管理し、医学知識を生かし、診療記録の要約を読み取り、疾病ごとにコードを付けて分類(コーディング)します。そして収集し、蓄積・加工した医療情報を、様々な角度から分析し医療現場に提供することで、医療の質向上や経営企画などに参画する専門業務です。

具体的な業務として、退院時サマリーのチェック(コーディングや督促)、各種疾病統計、診療録監査、がん登録、DPC関連業務、NCD登録、カルテやマスターバック管理、カルテ開示、死亡診断書の管理、医療事故調査制度など多岐にわたり、更に、診療情報管理士は医学知識を持ち合わせているため、医療現場で医師を支援する医師事務補助者として重要な役割も担います。

おもな活躍の場

医療機関の医事課、診療情報管理室、病歴管理室など。

大学での学習内容

医療・医学を重視した知識と保健・医療・福祉の情報処理技術・医療マーケティングなど経営管理を中核にし、演習やインターンシップなどを保健・医療・福祉の現場で実践的に学習します。